//外国人賃貸住宅不動産市場レポート 2017年2月版

外国人賃貸住宅不動産市場レポート 2017年2月版

外国人向け不動産情報サイト「Real Estate Japan (https://www.realestate.co.jp )」は2017年2月に外国人が賃貸物件に対してお問い合わせをした数を発表したします。

尚、問い合わせ数はウェブサイト上のコンタクトフォームからの問い合わせ数だけをカウントしているため、メール/電話等での問い合わせ数は含まれておりません。

外国人が2月に賃貸物件に問い合わせをした数は「2,505件」

2017年2月賃貸物件外国人問い合わせ数 結果(賃料帯別) 外国人が2017年2月に賃貸物件に問い合わせをした数は2,505件でした。

問い合わせ数が1番多かった賃料帯は6万円以上7万円未満の物件。その賃料帯で発生した問い合わせ数は361件で、全体の14.4%でした。

月額賃料が10万円未満の物件への問い合わせ数は合計で1,884件で、全体の75.2%を占めています。

月額賃料が10万円以上の物件に対する問い合わせ数の合計は621件となり、これは全体の24.8%を占めています。

賃料帯が10万円以上の物件の中で1番問い合わせの数が多かった賃料帯は、問い合わせ数が217件の10万円以上12万円未満の物件でした。これは全体の8.7%を占めています。

外国人が2月に賃貸物件を閲覧した数は「348,356回」

2017年2月賃貸物件外国人閲覧数 結果(賃料帯別) 外国人が2017年2月に賃貸物件を閲覧した数は348,356回でした。

外国人の閲覧数が1番多かった賃料帯は6万円以上7万円未満の物件でした。閲覧数は41,375回で、全体の11.9%を占めています。

月額賃料が10万円未満の賃貸物件の閲覧数は合計で219,879回で、全体の63.1%を占めています。

月額賃料帯が10万円以上の賃貸物件の閲覧数は合計で128,477回となり、これは全体の36.9%を占めています。

賃料帯が10万円以上の賃貸物件の中で1番閲覧数が多かったのは、閲覧数が28,626回の10万円以上12万円未満の物件でした。これは全体の8.2%を占めています。

外国人の賃貸物件に対する2月の月間反響率は「39.4%」

月額賃料 2016年2月 2017年2月
4万円未満 55.6% 39.4%
4万円以上〜5万円未満 22.0% 17.0%
5万円以上〜6万円未満 15.3% 12.9%
6万円以上〜7万円未満 14.1% 11.3%
7万円以上〜8万円未満 8.7% 9.1%
8万円以上〜9万円未満 7.9% 8.4%
9万円以上〜10万円未満 8.3% 10.1%
10万円以上〜12万円未満 5.1% 12.0%
12万円以上〜15万円未満 5.9% 17.2%
15万円以上〜20万円未満 2.4% 4.8%
20万円以上〜30万円未満 2.2% 3.0%
30万円以上〜50万円未満 1.7% 2.8%
50万円以上 0.7% 0.8%
月間平均 9.0% 10.6%

2017年2月の賃貸物件に対する月間平均反響率は平均10.6%でした。

外国人の反響率が1番高かった賃料帯は4万円未満の賃貸物件で、月間反響率は39.4%でした。

月額賃料が10万円未満の賃貸物件に対する月間平均反響率は13.0%でした。

月額賃料帯が10万円以上の賃貸物件に対する月間平均反響率は6.8%となりました。

賃料帯が10万円以上の賃貸物件の中で1番反響率が高かった賃料帯は12万円以上15万円未満で、月間反響率は17.2%となりました。

反響率は、問い合わせ数を掲載物件数で割って算出。
2017年2月の問い合わせ数の合計は2,505件で、掲載された賃貸物件数は23,624件でした。

関連記事:「外国人賃貸住宅不動産レポート 2017年1月版

関連記事:「外国人賃貸住宅不動産レポート 2017年3月版

 

プロフィール

北川 泰浩 (Yasuhiro Kitagawa)

株式会社リアルエステートジャパン
ゼネラルマネージャー

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業。海外在住歴は10年を超える。現在は活動の中心を日本に移し、メディアコミュニケーションの面から外国人入居者・投資家の集客・対応ノウハウを国内不動産業者に提供している。また国内不動産市場の国際化を積極的に推進するため、様々な分野の企業・プロフェッショナル達と連携中。

2017-10-27T09:41:05+00:00 2017年10月26日|カテゴリ: 専門家コラム|タグ: , , , , , , |