//不動産リスティング広告(賃貸)のサービス内容は? Part1

不動産リスティング広告(賃貸)のサービス内容は? Part1

 
シニアセールスコンサルタント・マンスリーインタビュー(3月)

(株)リアルエステートジャパンでは日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を運営しており、日本でお部屋探しをする外国人や不動産企業の方にお役立て頂ける情報を発信しております。

 
今回もセールス部門より、マンスリーインタビューとして(株)リアルエステートジャパンのサービス内容について詳しくお伝え致します。

 

 
前回インタビュー記事
【2017年9月 日本国内外国人賃貸市場の概況/掲載物件への反響について】は こちら

 
今月のインタビューテーマは、 「realestate.co.jpに物件掲載をした場合の、サービス詳細について」です。今回もシニア·セールス·コンサルタント 山本淳一にインタビュー形式で説明をしてもらいます。

 
1. まず初めに、(株)リアルエステートジャパンの商品(賃貸)について教えて下さい。

リアルエステートジャパンでは、ご利用企業様に応じて様々なツールをご用意しています。賃貸においては、集客方法として主に以下のサービスをご提案しています。

 
・“物件リスト広告” – 募集中の物件をサイトへ登録し、英語・日本語・中国語の言語表示がされる検索ページへ配信します。在住・訪日の外国人ユーザーからのお問い合わせを直接受け取ることができます。

 
物件検索ページ(日本語ver.) ←クリックで対象ページにアクセスします。

 

 
物件検索ページ(英語ver.)

 

 
物件検索ページ(簡体Chinese ver.)

 

 
物件検索ページ(繁体Chinese ver.)

 

・”バナー広告” – 画像&テキストを組み合わせたバナー広告をポータルの検索ページへ表示。ブランディングを行いつつ自社のHPへ誘導・サイトへのトラフィックを向上させます。

 

 
・”ブログ記事広告” – 御社のサービスや特殊な物件を、ネイティブのライターが記事広告でご紹介します。記事形式のため、商品の持つ魅力や企業様の強みをよく知ってもらえるだけでなく、日本に来て間もない外国人からの信頼・親和性を高めます。

 
ブログ記事広告
 

 

・”ハウジングサービス” – 賃貸管理会社様に物件を掲載いただき、外国人入居者に対しグループ会社のジープラスメディアが借上げ・転貸を行う、新しい形の賃貸保証サービスです。
 
→ ハウジングサービス 詳細
 
→ ハウジングサービス 詳細( Eng ver. )

 
2. では、具体的にどういった不動産企業が利用しているのですか?

主に賃貸仲介・管理会社、その他サービスアパートや短期家具付き(マンスリー)企業、また、シェアハウス様からご利用いただいています。すでに外国人向けに事業展開をされている企業はもちろんのこと、これから参入を図る企業様へも入居者募集やサイトの多言語化、投資家セミナーへの集客など、目的に応じてご活用いただいております。

 
3. 年間だと、約何件ぐらいのお問い合わせが発生していますか?

年明けの1月〜4月にかけては、1年で最もお問い合わせが多い繁忙期になります。

2017年の年間データは

・Web上の物件閲覧回数は賃貸で合計4,501,509回、売買では2,358,481回でした。

・実際の企業様へのメール問い合わせ数は合計26,313件うち、お電話番号のクリック数(全表示)回数は合計18,864回でした。

このデータより、およそ約80%の外国人のお客様が電話からもお問合せをしようという意識が働いているのが分かります。 

 
4. それだけ問い合わせ数が多いと、とても良い物件でもなかなか目立てずに選んで頂けない可能性も出てきてしまう気がしますね。

一体、どういった物件を掲載したら反響が出やすいのでしょうか?

見栄えの良い画像を掲載することで閲覧を増やす、また細かい点まできちんと入力されている物件をシステムが評価するため、各企業様、入力される情報には注意・工夫をしていらっしゃいます。

弊社では閲覧数の多いエリアなどの分析データを公開していますが、コラムなどを通じて、反響から成約までつなげられるようご注意するポイントなどをご紹介しています。また、エリア別の反響数を毎月公開しているので、そういったデータも参照していただくのをおすすめします。

東京都内エリアですと、閲覧数ベースで港区・渋谷区・世田谷区・新宿区・目黒区は毎月上位にランクインする人気の立地です。

参照:外国人が住みたい街(2018年2月東京23区版)- 港区・世田谷区・新宿区が3ヶ月連続Top3!

 
ただ、一般的な傾向として職場から1時間以内の圏内で探すケースが多いため、郊外でも英語教師として派遣される教育機関(大学・日本語学校など)が集まるエリアには、問い合わせが多く発生することがあります。

訪日・在住歴の短い外国人は交通の便や周辺環境などの情報量が少ないため、最初に問い合わせのあった物件にこだわるよりも、聞き取りで本人が最も重視する点は何か(利便性・環境・家賃・広さ)を探りつつ、期待値をうまく把握して提案することが重要かもしれません。

もう1つポイントは、日本に来て間もない外国人は、初期費用の高さに驚く方も多く、礼金・仲介手数料など海外にはない慣習にネガティブに捉える方が多いです。故に、月額家賃だけでなく、初期費用の低い物件を狙って掲載いただくケースも多く見られます。

サイトには事前に初期費用の概算が表示される機能が備えていますので、ある程度費用を理解をしてもらった上で、ご案内まで進めていただくことができるようになりました。

 
参考記事

「最初の1分間の対応が重要です」外国人成約率が高い仲介会社の実践ノウハウとは

外国人が住みたい街(2017年10月東京23区版)- 港区・世田谷区・新宿区が3ヶ月連続Top3!

外国人が注目する最寄駅(2017年9月東京都版)- 六本木駅が2ヶ月連続の1位を獲得!

海外からの外国人社員の方にシェアハウスがおすすめな理由

外国人がお部屋探しで困っていること(2017年9月版)

【2017年9月版 外国人注目記事紹介】東京に住む単身者の生活費はいくら?

 
5. どういった属性の外国人から問い合わせがありますか?

弊社サイトには、英語を母国語とする外国人が主で、属性も留学生・すでに企業で活躍している社会人・英語学校教師などが多い層です。

最近は英語を第二言語とする国からの問い合わせも増加しています。皆、留学や就職、一時的なビジネスなどでそれぞれ日本に長期滞在の目的があって来られる方が対象となり、生活基盤・目的をしっかりもった属性の高いユーザーからお問い合わせがあると伺っております。

参考記事
2017年9月外国人賃貸市場の総括「成約賃料帯が高い月でした」

 
6. 費用はどれくらいかかるのですか?

掲載件数・期間に応じてご用意していますが、最小のプランで1-5件(部屋)で月額27,000円(税込)プランがございます。掲載数が多いと1件あたりの単価は安くなる他、6ヶ月以上の長期ご契約ですと割引もございます。

 
7. 申し込みからサービス開始までどのくらいの時間がかかりますか?
 
物件掲載の場合最短でお申し込みから1営業日で掲載が可能です。バナー広告やその他商品につきましては別途ご相談ください。

こちらのインタビューは2部構成と致しまして、お問い合わせ内容やデータ、また物件の掲載方法につきましては次回のマンスリーインタビューにて詳しくご紹介致します。

 
山本 淳一 (Yamamoto Junichi)

 
株式会社リアルエステートジャパン
シニア・セールス・コンサルタント

ニュージーランドの大学を卒業後、帰国。外国人向けメディア会社・株式会社ジープラスメディア(現在フジサンケイグループ)にてWeb広告営業を担当。バイリンガルの強みを活かし、外国人向けにインバウンドビジネスを展開する日本企業と外国人とをつなげるWebプロモーションで実績をあげる。その後株式会社リアルエステートジャパン(現在フジサンケイグループ)の立ち上げのメンバーとして、現在も不動産会社への営業をはじめ、セミナーやITサポートなどに携わる。

他の部署が多国籍チームで編成される中、日本人が半分以上のチームに所属。会社の中でも、日本企業の目線から外国人ユーザーとの架け橋を担う。

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。
 

2018-03-15T18:05:01+00:00 2018年3月15日|カテゴリ: 専門家コラム|タグ: , , , , , |