///外国人マーケットの魅力① 安定した収益

外国人マーケットの魅力① 安定した収益

 

Real Estate Japanレポート

日本在住の外国人不動産情報だけでなく、日本に住む外国人統計情報、海外の投資家情報、外国人にお部屋を貸す場合・販売する場合の注意点等、リアル・エステート・ジャパンが独自にまとめた外国人情報をお届けします。

 

第11章 外国人マーケットの魅力①年間の安定した収益

この章では、外国人マーケットに参入するメリット・魅力ポイントについてマーケットデータやリアル・エステート・ジャパンの独自データでお伝えします。

 

  • 閑散期の固定費の圧迫

日本の始業式や入社式は基本的には4月に始まる為、不動産業界の繁盛期は1月~3月に集中しています。

繁盛期の人の手配も大変ですが、逆に閑散期の人件費等の固定費の圧迫もビジネスにとって大きな問題になっていると多くの中小不動産会社の方からお聞きします。

そこで、外国人マーケットに参入するメリットの1つとして『年間の安定した収益』について言及したいと思います。

 

  • 新学期国際比較

基本的に新学期が4月にスタートする国は日本ぐらいで、アメリカ、ヨーロッパ、中国等の多くの国は9月スタートとなっています。

オーストラリア等の南半球の国や、シンガポールは1月・2月スタートの様に、意外と世界各国バラバラなのが分かります。

  • 1月 : シンガポール、マレーシア、南アフリカ
  • 2月 : オーストラリア、ニュージーランド, ブラジル
  • 3月 : 韓国
  • 4月 : 日本
  • 5月 : タイ
  • 6月 : インド(大学は8月)、フィリピン
  • 8月 : ドイツ(大学は10月)、パキスタン、香港(大学は9月)
  • 9月 : アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国

(情報ソース:Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Academic_term

 

  • リアル・エステート・ジャパンのPV数月別推移

以下はリアル・エステート・ジャパンの直近1年間の月別PV数推移です。(2014年8月のPV数を100としています)

2014年8月のPV数を100とすると、2回の大きなピークが来ていることが分かります。

 
1月からの1回目の大きなピーク、その後PV数は大きく下がることなく、7月に2回目のピークを迎えています。

ピークといっても、日本の繁盛期と閑散期の様な大きな差はなく、1.2倍ぐらいですので年間を通して需要があることが分かります。

このように世界をマーケットにすることにより、年間を通して安定したビジネスを展開でき、特に日本の閑散期である5月~7月も2回目のピークとして収益を確保できる可能性があります。

年間を通したビジネスの安定は、優秀な人材確保にもつながり、長期的なビジネスの拡大・安定化へ貢献します。

 

 

2017-09-07T10:12:57+00:00 2015年9月1日|カテゴリ: 外国人不動産統計データ, 外国人市場データ|タグ: , , |