///外国人に最も読まれている記事②

外国人に最も読まれている記事②

 

Real Estate Japanレポート

日本在住の外国人不動産情報だけでなく、日本に住む外国人統計情報、海外の投資家情報、外国人にお部屋を貸す場合・販売する場合の注意点等、リアル・エステート・ジャパンが独自にまとめた外国人情報をお届けします。

 

3章  外国人に最も読まれている記事

Japan Today

リアル・エスエート・ジャパンは、日本No1.英字ニュースサイト『Japan Today』と提携して、不動産情報を世界へ発信しています。読者は約100万人、欧米系のビジネスリーダーが多いサイトです。今回、そのJapan Todayで2015年8月に最も読まれている上位の記事からピックアップして、外国人がどんなことに興味があるのか?をお伝えします。

 

(日本人がなくなった方が良いと思っている7つの習慣)

外国人からみて日本の習慣で不思議に思っている事が多いようですが、日本人自身が思っている習慣についての記事です。例えば、『上司にお酒を注ぐこと』、『バレンタインデーに職場の同僚に義理チョコをあげる事』、『旅行に行ったときに職場の人にお土産を買う事』、等7つの事例を説明しています。

アメリカでは、バレンタインデーは男性が女性へ愛のしるしとして送ることが一般的ですが、日本の義理チョコシステムについて分かりやすく説明しています。

「本当にその通り」というコメントも多く、上記に加えて「上司が帰るまで帰れない」「誰かの家に行くときには、手土産を持たないといけない」も付け加えるべきだ、等々外国人が見る日本の無くしてほしい習慣を記入していました。

日本に住む外国人だからこそ、色々な思いがあるようですね。

 

日本で従業員採用面接の際には聞いてはいけなくなった5つの質問)

8月から大学生の就職活動が解禁になりましたが、これに合わせて政府が人権や差別を助長するようないくつかの質問が禁止としました。例えば「父親の職業は何ですか?」「両親の最終学歴は何?」「月に何回外食しますか?」「どの政党をサポートしますか?」「もうすぐ子供をつくる予定はありますか?」などです。

日本でHRやリクルートエージェンシーで働く外国人も読者に多く、お互いに各国の状況や自社の対応についてのコメントもありました。

日本で働いていたり、日本に興味がある外国人が多いからこその良く見られている記事でした。

 

2017-09-07T10:12:57+00:00 2015年9月8日|カテゴリ: 外国人不動産統計データ, 外国人市場データ|タグ: , , |