///日本での不動産購入の諸費用の内訳と税金について

日本での不動産購入の諸費用の内訳と税金について

By Jeff Wynkoop

日本での不動産購入を検討する前に、合計支払額の費用を見積もり、手続きの中で費用がいつ発生するかを理解することが重要です。

通常、不動産を購入する際に、前所有者は3ヶ月以内に(契約金の受領から鍵の引き渡しまでの)全体の取引を完了させたいので、契約の途中において、雑費をカバーするために手元に相当な現金などを準備しておく必要があります。以下の費用は見積もりに過ぎず、その他の要因の中で売り手との契約内容で変わってくることにご留意ください。

売買契約書に署名する時:頭金(購入価格のほとんどの場合、10%)、その他の費用(購入価格の約1.7%)

決済時(鍵の受け渡し時):購入価格(購入価格引く下落額)、雑費(購入価格のおおよそ6-10%)の残り

購入後1-2年:不動産取得税の支払い(不動産によって異なります)

不動産取得税

この税金の通知は、取引後6〜18ヶ月の間に最寄りの管轄から通知が来ます。

特定の法的条件が満たされている場合(すなわち、1982年以降に建てられた中古住宅、総面積50-240平方メートルなど)には特別な減税が可能ですが、減額の法的条件は都道府県毎に異なります。また、減税を受けるためには、購入後の一定期間内に新たな所有者からの宣言が必要な場合がありますので、地元の不動産会社や都道府県の税務署などで事前に確認する必要があります。

消費税

消費税が適用されない場合

元所有住宅の売り手が個人である場合、消費税は課税されません。土地の購入価格も消費税の対象とはなりません。

消費税が適用される場合

消費税は代理店手数料に課税され、譲渡前に不動産会社によって改装された場合、改装費用に消費税がかかる可能性があります。

消費税は、土地の建物およびその他の構造物の取引に支払われます。不動産登録簿に建物および/または土地の所有権の移転を記録するために支払われる法的な書類手数料も支払われます。さらに、消費税は通常、住宅融資開始手数料の一部として請求されますが、詳細は貸し手によって異なります。

 

契約締結時の費用

売買契約の実行時に支払われる前金の額は通常10%ですが、正確な金額は買い手と売り手の間の合意によって決まります。

不動産が需要の高い高級不動産である場合、売り手は前払いとして10%以上を請求することがあります。前払金は通常、購入価格の第1回目の分割払いであり、残高は取引終了時(すなわち、鍵の引渡し時)である。

契約取り消しの典型的な例では、契約後に取引を取り消すが、取引を取り消す前に、買い手は前払い金を失い、売り手が取引を取り消す前に取り消した場合、売り手は買い手に前払い額の2倍を支払う必要があります。

印紙税

金額は購入価格によって変わりますし、個人間の契約においては減額措置がありますが、物件価格が1000万〜5,000万円(他の条件の中でも)は、10,000円です。購入価格が9900万円の不動産であっても、切手特約税減免の条件を満たす場合、切手税は30,000円に過ぎません。

代理店手数料

購入価格の3.24%+ 64,800円(これは上限の法的上限です)。

代理店手数料の半分は通常、売買契約に署名する時点で支払われ、残高は決済時に支払われます。

決済時の費用

通常、売り手は購入金額の残金を個人の銀行口座に直接支払ってもらうことを望んでいるため、融資を受けている場合は、貸し手に確認して、住宅ローンの一部を直接売り手に払います。また、売り手は、購入価格(契約時の一部、その他の条件が満たされた時点、終了時の残高)の3回分の支払いを必要とすることもあります。

融資のための費用、所有権の移転登記費用など

銀行が融資の金額を承認したら、金銭消費貸借契約書または貨幣保有契約書を日本語で発行します。署名された各貸付契約の原本に基づく切手税がかかります。閉鎖時までに、雑多な購入費用は通常、不動産自体の詳細、住宅ローンの金額などに応じて、購入価格の6〜13%に等しくなります。物件の物理的検査を行った後のこれらの費用の見積もりと、貸し手との結果と融資の詳細について話し合う。

融資契約の印紙税

税額は、融資の額によって異なります。1,000万〜5,000万円のローンの場合、税金は20,000円です。

登記費用

司法書士が移転する前に不動産登録簿の内容を確認し、貸し手の住宅ローンと所有者の移転を記録するための手数料があります。別途、登録免許税もあります。

その他の手数料

行政手続きの際の手数料、融資の保証料、火災保険料、団体信用生命保険があります。特定のその他の融資の料金は、融資の種類と貸し手によって異なります。

代理店手数料

通常、代理店手数料の最後の半分は終了時に支払われます。不動産会社から直接購入する場合は、代理店や仲介手数料が別途必要なことはほとんどありません。

都市計画税および固定資産税

1月1日の所有者は、これらの税金に対して責任を負います。購入価格に加えて、通常、売り手は、新しい所有者が暦年で日割りでこれらの税の割合を支払います。マンションの場合、管理手数料、修繕積立金などの追加の前払いがある場合があります。

日本での不動産を購入に関して、税の詳細な説明については、以下を参照してください。: Guide to Japanese Real Estate Taxes

 

2018-09-05T15:03:50+00:00 2018年9月5日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |