///敷金と礼金にまつわる、ウソ・ホント!?

敷金と礼金にまつわる、ウソ・ホント!?

日本のアパートを探しているときに、敷金や礼金という言葉を耳にすることがよくあります。もう一つの欠点は、礼金は、東京よりも大阪でははるかに高いということです。しかしながら、敷金や礼金をまったく支払う必要のないアパートもあることを知っておくことも良いことでしょう。

敷金・礼金にまつわる、嘘・ほんと!?

「日本においてアパートを借りるときは、必ず敷金と礼金を払わなければならない」

これは嘘です。ほとんどの賃貸物件では、敷金と礼金の両方を支払う必要がありますが、どちらも必要ない物件の割合が増えています。SUMMOが集計したデータによると、2015年に東京の賃貸物件の約11.2%、賃貸物件の大阪の16.7%がいずれも必要なかった。チャートが示すように、これはここ数年で増加傾向にあるようです。

No Deposit No Key Money

「日本にアパートを借りるときは、必ず敷金を支払わなければならない」

これは嘘です 。次の図は、敷金のないマンションの割合を示しています(ただし、礼金を請求することがあります)。

No Deposit Required

東京では、敷金を必要としない物件が増加傾向にあります。SUUMOによると、2015年に東京の賃貸不動産の約17.6%が前払の敷金を必要としません(2010年には8.1%)。

敷金を必要としない賃貸不動産の割合は、大阪では非常に高い(2015年の65.5%)。これは、大阪の家主がテナント物件にはさほど損害が与えられないと確信しているということなのでしょうか。

大阪では、賃貸借契約の中には、敷金以外にも保証金が必要なものもあります.Hoshoukinとは英語で「GUARANTEE FEE」として翻訳されることがよくありますが、大阪では、保証金と敷金を別々の広告情報として表示します。

家主は保証金から清掃料を控除し、あなたに残金を返すことになっています。これは東京での通常の習慣です。実際には、東京では敷金に加えて保証金も一般的ではありません。

大阪では、保証金や敷金から清掃料金などを差し引いて、残金を返金します。実際には、保証金は2番目の敷金のように機能します。

次に礼金を見てみましょう。

「礼金は、借り主が避けることのできない文化的習慣です。」

これは嘘です 。次の図は、東京にある礼金を請求していないアパートの割合が増えていることを示しています。しかし、大阪では、礼金を払っていく傾向にあります。

2015年の東京では、賃貸物件の36.5%が礼金を必要としませんでした。大阪では、この数字は20.9%と低くなっています。

No Key Money Required

「礼金は、東京よりも大阪で高いのが普通です。」

これは真実です。SUUMOが集計したデータによると、平均賃金の金額は大阪よりも高くなっていますが、次の図に示すように、礼金の額は両方の都市で減少傾向にあります。

Avg Key Money in Months

また、東京と大阪の平均賃貸料が減少傾向にあります。

Avg Key Money in Months

これらの傾向を見ると、実際には5年前と比べて敷金と礼金の合計金額(2015年)が実際より少なくなっています。

東京では、2010年に典型的な居住用賃貸料の平均敷金と礼金が約2.76ヵ月分の家賃を徴収しました。これは2015年に平均2.19ヶ月に減少しました。

大阪では、2010年に典型的な賃貸住宅の平均敷金と礼金が約4.03ヶ月分の賃貸料を徴収しました。これは2015年に平均2.81ヶ月に減少しました。

こちらの記事もどうぞ:Upfront cost of renting an apartment in Japan,

Source: SUUMO

Photo Credit: m-louis .® via Flickr

2018-08-21T12:58:54+00:00 2018年8月21日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , |