///【2017年8月版 外国人注目記事紹介】なぜ外国人は日本に住むのか?ビザや在留資格の内訳

【2017年8月版 外国人注目記事紹介】なぜ外国人は日本に住むのか?ビザや在留資格の内訳

株式会社リアルエステートジャパンが運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」にて定期的に配信されている外国人向けのブログ記事から、2017年8月に閲覧数が高かった記事『なぜ外国人は日本に住むのか?ビザや在留資格の内訳』をご紹介!こちらの記事では、実際にどういった外国人が日本に住んでいるのかビザや在留資格の内訳をご紹介しています。記事の一部を抜粋して、日本語でもお届け致します。

日本に住む外国人の国籍

日本の総人口(126,740,000人)の約1.88%は在留外国人です。地域別に見ると、日本に住む外国人のうち、なんと全体の83%「アジア人」と圧倒的多数を占めています! 続いて、南米が10%、ヨーロッパが3%、北米が3%となっています。

日本に住む外国人のビザや在留資格の内訳

日本に住む外国人総数の58.6%もの人々が、永続的または長期的な在留資格を持っており、永住者、特別永住者、長期滞在者、永住者の配偶者または日本人配偶者に分類されます。

続いて多いのが、日本で勉強している学生 11.6%、技術・技能実習生が9.5%と、 合わせて全体の5分の1を占めています。

原文はReal Estate Japanの英文記事から:

 

 

2017-10-03T13:53:01+00:00 2017年9月25日|カテゴリ: 外国人ユーザー注目記事紹介|