///【2017年8月版 外国人注目記事紹介】東京で働く単身者はどれくらい貯蓄してるの?

【2017年8月版 外国人注目記事紹介】東京で働く単身者はどれくらい貯蓄してるの?

株式会社リアルエステートジャパンが運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」にて定期的に配信されている外国人向けのブログ記事から、2017年8月に閲覧数が高かった記事『東京で働く単身者はどれくらい貯蓄してるの?』をご紹介!こちらの記事では、東京で働く独身の人々はどれくらい貯蓄をしているのかご紹介しています。記事の一部を抜粋して、日本語でもお届け致します。

東京に住む単身者の生活費

東京に住む単身者(20歳〜39歳)のひと月の平均生活費を下記にまとめました。
なお、下記金額は、 税金や社会保険料や日用品や娯楽費などは考慮していません。

賃貸料:¥67,500
水道・光熱費:¥13,000
通信費:¥13,000
食費:¥32,400

合計平均額:125,900円


<参照ウェブサイト:SUUMO>

単身者の実際の貯蓄はどれくらい?

年収別に見ると、年収が500〜600万円の人の平均貯蓄率がもっとも高く、年間給与総額の11.8%〜14.0%を貯蓄に回しています。
その反面、平均貯蓄率が最も低かったのが年収250万円未満で5%。年収700万円以上の人の平均貯蓄率は8.9%と意外にも低いパーセンテージとなっています。

<参照ウェブサイト:SUUMO>

原文はReal Estate Japanの英文記事から:

2017-09-22T12:10:47+00:00 2017年9月26日|カテゴリ: 外国人ユーザー注目記事紹介|タグ: , , , , |