///今、日本の不動産に投資すべきなのか?

今、日本の不動産に投資すべきなのか?

野村不動産アーバンネットの最近の調査では、不動産投資専門ウェブサイト「ノムコムプロ」のメンバーは、今、日本の不動産への投資の良い時期であるのかについての洞察と、来年の見通しについて発表した。

1.今は投資するのに良い時期ですか?

回答者の大多数(58.8%)が「今すぐ購入する」または「すぐに購入する時期になる」と答えた。これは、昨年の調査(2017年5月に実施)から若干増加しました。回答者の57.8%が、どちらかと言えばすぐに買う時期に該当すると答えました。

第10回の調査は、2018年5月22日から31日まで実施され、19,000人以上のメンバーを抱えるNomucom Proのメンバーである不動産投資家を調査しました。現在、不動産を保有している投資家から350人、所有していない投資家80人から正式に430件の回答が寄せられました。

なぜそう思いますか?

回答者には、回答の説明も求められました。

今は買うべき時期である(回答者の22.1%)

「今買う時だと思う」と答えた人の多くは、「オリンピックの影響で価格が上昇すると期待している」(東京は2020年の夏季オリンピックを開催する)、「運用利回りの良い物件が出始めている”。

間もなく買う時期になる(回答者の36.7%)

「すぐに買う時期が来るだろう」と答えた人の中には、「資金調達が難しく、価格が下落すると予想している」との回答が多い。このカテゴリーのよくある答えは、「不動産価格がピークに達したため、価格が下がる可能性が高い」ということでした。

買う時間が来るまでにはしばらく時間がかかるだろう(回答者の52.2%)。

「買う時期が来るまでにはしばらく時間がかかると思う」と答えた人の中には、「オリンピックまで建設費や労働コストが増えるから」、「建物価格が下がっても、ファイナンシング面が難しい “。

 

2.不動産価格は来年はどのようになると思いますか?

また、来年に不動産価格がどちらに向かうかという設問に対しては「価格が低下する」と回答した人の割合は、回答者の32.8%に増加した(2017年5月調査の26.6%と比較して)。

来年には価格が上昇すると思う(回答者の18.4%)。

「来年には価格が上昇すると思う」と回答した人の中で、「オリンピックの影響が価格を上昇させる」との回答が最も多い。

来年には価格が下がると思う(回答者の32.8%)。

「来年には価格が下がると思う」と回答した人の中で、「銀行からの資金調達が難しくなっている」との回答が多い。

価格は横ばい(48.8%)、

「来年に価格が横ばいになると思う」と答えた人の中には、「価格はすでに上昇しているが、市中心部で価格を引き下げるものはない」と「価格は下落しないだろう。オリンピック”。

 

3.あなたは不動産に投資してよかったと思いますか?

現在不動産を保有している投資家が、日本の不動産に投資したことはよかったと思うかどうか尋ねられました。圧倒的多数(85.7%) が「不動産に投資したことはよかった」と答えた。回答者の13.1%(13.1%)は「どちらかといえば確信が持てない」と回答し、1.1%が「不動産に投資したことは良くない」と回答した。

 

4.不動産投資の際のファイナンスの条件を変更しましたか?

投資家は、投資資金を調達するための条件が変更されたと考えているかどうかについても尋ねられました。賛成多数(52.8%)が「はい、資金調達条件が変わったと感じている」と答え、47.2%が「いいえ、条件は変わっていないと感じている」と答えた。

条件変わったと回答した人のうち、「引き受けが厳しくなった」と回答したのは87.7%(昨年の調査では65.9%に過ぎなかった)。今年の調査では、「引き受けがゆるやかになった」と回答した回答者は7.9%(前年調査の28.3%)でした。

 

出典:野村不動産アーバンネット

こちらの記事もどうぞ:2018年は日本で家を買うのですか?市場に大きな変化が起こる

2018-07-03T11:49:06+00:00 2018年7月3日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |