///JR東日本が、山手線の新駅の名前を募集中!

JR東日本が、山手線の新駅の名前を募集中!

JR東日本 6月5日、品川新駅と名付けられた山手線の駅名を公募すると発表した。JR東日本が駅の名称を公開したのは初めてのことです。

2020年春に完成予定の新しい駅は、山手線と京浜東北線両方のラインを提供し、1971年に建設された西日暮里以来の新しい駅になります。「品川新駅」はJR山手線の品川駅と田町駅の間に立ち、2020年東京オリンピックに向けて建設を進めています。

新しい駅は、日本を代表する建築家の一人であり、新しい東京オリンピックスタジアムのデザインも手がける隈研吾氏とによって設計されています。30m(98フィート)の高ガラスとスチールステーション屋根のデザインは、日本の伝統的な折り紙からインスピレーションを受けています。多面的な折り畳みは、調和のとれた雰囲気を作り出すことを目的としていますが、駅の様々な顔や用途を表現するためのものです。写真の左側は東京駅方向、右側は渋谷と横浜方向です。写真:JR東日本

世界への日本の新しい玄関口としての品川

2014年6月に発表された新駅プロジェクトは、品川地区の都市再生計画の一部であり、東京の  玄関  (受付エリア)から世界へと移転する予定です。

同社は、新幹線 や羽田空港へのアクセスが便利な場所に、駅から西に約130,000平方メートルの広大な土地(約13万平方メートル)を「世界各地の企業と人々の交流」の拠点に発展させ、国際的なビジネスを創出する高層オフィスビルを計画しています。泉岳寺駅は羽田空港まで約20分で直接アクセスでき、品川駅からはたった300mです。

プロジェクトの規模は、東京ミッドタウン(約78,000㎡)、六本木ヒルズ(約109,000㎡)のプロジェクトサイトよりも大きくなります。

新しい駅の建築的なイメージについては、下記をご覧ください。山手線の品川ニューステーションの画像

 

新しい駅名を提出する方法

JR東日本は、2018年6月5日から30日にかけて、新駅の名称について一般の提案を受け付ける予定です。結果は2018年末に発表されます。

応募は日本語でのみ利用可能ですが、あなたが日本の居住者であり、日本語を扱うことができれば、アイデアを提出するチャンスがあります!

山手線の新しい駅の名前をここに提出してください!

山手線、新駅名の提出書式

駅名、名前、年齢、性別、日本の住所、電話番号、およびEメールアドレスを尋ねられます。はがきで記入することもできます(詳細はここにあります)。すべての参加者のうち100人が無作為に選ばれ、オリジナルプレゼントが当たります。

こちらの記事もあわせてどうぞ:品川は日本の世界への玄関口になる?