///外国人居住者も多く住む、LEOPALACE21に施工不良が発覚

外国人居住者も多く住む、LEOPALACE21に施工不良が発覚

全国の3万軒を超える賃貸マンションの運営者であるLeoPalace 21は、合計206のアパートメントに建設の瑕疵を確認したと発表した。

5月29日の記者会見で、アパート単位と天井に防火・防音材で補強された「境界壁」を必要とする建築基準に違反しているという建築基準法(建築基準法)に違反していると認定した。これらの壁は存在しなかったか、建物コードで規定された範囲に不十分に設置されていた可能性がある。

LeoPalace21は、2019年6月までに管理している全37,853のアパートメントを検査し、違反行為を正確に把握する予定です。同社のウェブサイトに  よると、約16,000人の外国人が借りているという。Real Estate JapanでのサイトにはLeoPalace21のマンションがいくつか掲載されています。

LeoPalace21の取締役兼最高経営責任者(CEO)の田尻和俊氏は、同社がその物件の建設管理に責任を負うと謝罪した。今回問題の建造されたユニットは、1996年から2009年の間に建設され、その “6シリーズ”アパートの一部でした。すでに検査された290のアパートのうち、境界壁(カイヘキ)を間違って建てた38のアパートが見つかりました。

建築基準法では、火災の拡散を防ぐために、そのような境界壁を天井面より高くする必要があります。

建設請負業者に与えられた建設計画では、境界壁が必要であるという記録があるが、下請け業者に与えられた計画では、この要件は設計図には欠けていた。また、建物が検査されたときに、完成した建物が青写真を遵守していることを確認できなかった。

さらに、1994年から1995年までに建設された同社の2階建てアパートでは、184のアパートメントを検査した結果、168のユニットが「境界壁」を持たないことが判明した。LeoPalace21は、これらの欠陥は4月末に完了した検査で発見されたと言います。

第1回の検査では、200以上のアパートに「境界壁」の欠陥があることが判明しましたが、この数は増加すると予想されます。同社は2019年6月までにすべてのアパートを検査し、2019年10月までに不具合を修正することを計画している。各アパートメントに10のアパートメントがある場合、建築費は約60万円(5,523米ドル)と推定される。

LeoPalace21は、それが意図的に偽造建設されたことを否定し、現在その物件の天井に使用されている耐火材料が安全であることを主張しています。

Top Image:典型的なLeoPalace21アパートの内部

出典:日経新聞、毎日新聞、2018年5月29日

2018-09-03T11:48:01+00:00 2018年9月3日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , |