///外国人の就労に新在留資格「特定技能1号・2号」とは?

外国人の就労に新在留資格「特定技能1号・2号」とは?

日本の高齢化や少子化に伴う労働力不足を解消するため、日本政府は、2019年4月に早くも2つの新しい在留資格を実施すると発表した。新在留資格名は「特定技能」。技能実習生らに限ってきた単純労働で初めて外国人の就労を認める内容だ。

これまでに発表された在留資格について。

その特徴は以下の通りである:

  • 新「特定技能」は、労働力不足の5つの主要産業の技能実習者の移行を促すもの。
  • 既に検討中の5つの産業は次のとおり。
    • 農業
    • 介護
    • 建設
    • 造船所
    • 宿泊/おもてなし
    • さらに政府は新しい在留資格の14業種を検討中(詳細はこの記事の下欄)
  • このビザの資格を持つ労働者は、最大5年間日本に滞在することができます。
  • 現在、能実習で日本に 在住している人は、研修の修了後に「特定技能」ビザに在留資格を変更することができます。これは、日本に最大10年間滞在することができます。
  • 原則として、家族と同居することはできません
  • 日本語能力試験の「N4」に相当する、基本的な会話力のあるレベル。
  • 特定の産業を監督する省庁がは、知識やスキルの試験をすることが任されます。
  • 目標は1年に4万人もの新しい労働者を受け入れることです。

 

ここ数ヶ月で新たなビザステータスの詳細が明らかになったので、「特定技能1号」と「特定技能2 号」の2つの新しい在留資格について説明します

2つの新しい在留資格とは?

  • 日本語能力の最低レベル。両方の新しいビザステータスの下で、労働者は日本語能力試験の「N4」に相当する最低限の日本語能力を持っていなければなりません。一部の業種では、より高い日本語能力要件が設定される場合があります。尚、3年間の実習を修了した労働者は、日本語能力試験を免除されます。
  • スキル/知識を証明する業界独自の試験。特定の省庁に試験を任命。
  • 日本の労働者以上の報酬。2つの新しいビザの資格を持つ労働者を雇用している雇用者は、日本人労働者以上のレベルの労働者を補償する必要があります。これは、既存のテクノロジー/人文知識/国際就労ビザの状況にある労働者が補償されるべき内容と似ています。

「特定技能第1号」の概要

  • 特定の業界固有の専門知識が必要です。
  • 家族を連れて行くことは許されません。
  • 最大5年間日本に滞在することができます。
  • 専門性が高い方は、「指定スキル2号」のビザに切り替えることができます。
  • 全ての資格要件を満たしている場合、技術習得ビザからこのビザに切り替え可能です

「特定技能第2号」の概要

  • より高度な熟練した専門性が必要。 「指定スキル1号」ビザで滞在している場合は、より高度な専門性を習得すれば、「特定スキル2号」ビザを申請することができます。
  • 日本での無期限の滞在が可能です。これは、「特定のスキル1号」ビザとは大きな違いです。原則として、「特定技能2号」ビザで日本に滞在する労働者は、ビザのステータスを継続的に更新することができ、本質的に日本に無期限に滞在することができます。
  • 家族を連れて来ることができます。家族帯同が可能。

新しい在留資格について

  • 政府は、既に承認された5つの産業にこのビザの適用を検討中です。
  • 新たなのステータスは、強制送還を受け入れていないイランを含む国民は適用外。
  • 入国管理局は、これらの新しいビザの資格で受け入れられる労働者を受け入れ、生活と住居を支援する支援組織を設立し、監督機能を果たします。
  • 日本に来る前に預金を払うなど、労働者を守るための対策が講じられる。
  • 新しい資格についての情報は海外でもで公表され、日本語教育には追加支援あり。
  • 新しい資格で労働者を雇用している企業は、日本の生活や日本の生活、日本に住む行政手続などの情報を労働者に提供することが期待されます。
  • 特定の業種で労働力不足がなくなった場合、その業界では「特定のスキル」のビザが一時停止される可能性があります。

(このページは、新しい「特定のスキル」ビザのステータスに関する新しい情報が入手できるようになったときに更新されます。)

検討中の14の産業

厚生労働省

1.介護

2.ビルクリーニング

農林水産省農業省

3.農業

4.釣り業

5.食品・飲料製造(シーフード加工を含む)

6.レストラン(飲食サービス)

経済産業省

7.材料産業

8.産業機械産業

9.エレクトロニクスおよび電気機器産業

国土交通省

10.建設

11.船舶/海洋産業

12.車のメンテナンス

13.航空(空港の地上処理、航空機のメンテナンス

14.宿泊/おもてなし

 

 

関連記事:

日本のどの産業が外国人労働者に最も依存していますか?

2025年までに50万人の外国人労働者の受け入れを発表

在留外国人の数が過去最高を記録:2018年日本政府調査

 

2018-11-07T13:56:12+00:00 2018年11月7日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |