海外不動産テック:FangDD

FangDDは2011年創業の不動産売買のオンラインプラットフォーム。

 

成約課金モデルを導入した事が成長のポイントです。

このコーナーでも何社か同じような中国企業を取り上げて来ましたが、身も蓋もない話をしてしまうと、2017年時点ではどのサイトも大きな差別化要素が無くなってきているようにも見えます。

同じように、大都市圏に進出し、中古/新築の売買、賃貸等全方位で展開していますし。

ただ、全体感としては、成約課金でかなり安めの手数料で各社運営されているので、市場として見ると、日本よりも大分進んでいるように見えます。日本で売買の成約課金、ちょっとまだ成立していないですしね。

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

2017-10-10T08:08:54+00:00 2017年10月11日|カテゴリ: 海外不動産テクノロジー情報|