///2017年不動産テックの資金調達ランキング

2017年不動産テックの資金調達ランキング

年末になると、この手の話題ばかりになりますね。

2017年の不動産テックの資金調達額ランキングのご紹介です。ちなみに、時価総額ランキングはこちらです。

時価総額と調達額だと顔ぶれが変わってきます。2017年に注目を集めたカテゴリがわかるのが、調達額ランキングだと言えるでしょうか。

特に上位の5社は個性があり、次の時代のReal Estate Techがどうなっていくのか、予想させるような内容ですね。

企業名 URL 調達金額 一言で言うと
Wework https://www.wework.com $4.4 billion 世界最大のコワーキングスペースを運用
Compass https://realestateworld.jp/market-data/oversea-realestate-technology/compass/ $100M and $450M データマイニング&ローカルに強い売買プラットフォーム
Cadre https://cadre.com/ $65 million 富裕層向けの不動産クラウドファンディング・プラットフォーム
Placester https://placester.com/ $50 million 不動産業者向けのWebサイト作成&CRMツール
Common https://realestateworld.jp/market-data/oversea-realestate-technology/co-living-common/ $40 million コリビングプラットフォーム
HomeLight https://www.homelight.com/ $40 million 不動産の販売エージェントの紹介プラットフォーム
Roofstock https://www.roofstock.com/ $35 million オーナーチェンジ物件のマーケットプレイス
Knock https://www.knock.com/ $32.5 million 6週間以内に保有している不動産を売却出来る、オンライン売買サイト
Opcity https://www.opcity.com/ $28.77 million HomeLightの競合で、ユーザーと不動産売買仲介業者のマッチングプラットフォーム

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

 

 

2017-12-25T12:01:51+00:00 2017年12月22日|カテゴリ: 海外不動産テクノロジー情報|タグ: , |