///在日外国人の数が過去最高を記録:2018年日本政府調査

在日外国人の数が過去最高を記録:2018年日本政府調査

今年1月1日現在、日本の国務省が最近発表した人口動態の調査によると、日本でこれまでで最も多い外国人の数、2,497,000人(前年同期比7.5%増)が記録されました。

調査のもう1つの重要な点は、今、日本に住む若い外国人の数が非常に多いことです。20代の外国人は日本の全人口の約5.8%を占め、東京の都市では20代の10人に1人が外国人である。調査では、昨年、小規模な町や村の外国人の人口が増加していることが示されました。

私たちが別の記事(労働不足を緩和するために2025年までに50万人の新労働者に開放すること)を議論したように、人口ピラミッドの労働人数が不足しているため、国が直面している深刻な労働力不足によって、外国人の数はますます重要になってきています。

日本の人口は減少し、外国人の割合は増加した

外国人人口の増加とは対照的に、日本全体の人口(住民基本台帳ベース)は9年連続で減少し、125,209,603人となり、 374,055人 これは、政府が調査を開始した1968年以来の最大の減少でもあります。

今年の調査によると、日本の外国人人口は日本の人口の約1.99%を占めています。

2016年には、登録された外国人は2,382,822人でした。これは前年比で6.7%増加し、当時は法務省(MOJ 2016年登録外国人調査  )でこれまでに記録された最高の数字であった。2016年の日本の人口は約126,740,000人であり、外国人は約1.88%を占めているため、そして昨年、全人口に対する外国人の割合が増加しました。

外国人人口は46都道府県で増加し、新宿区は東京で23区で最も高い

今年の調査では、47都道府県のうち46都市で外国人口が増加しました。長崎県だけでは、外国人の数は前年比で増加しませんでした。日本の外国人の総数は、人口2,319,000人で、これは名古屋市全体の人口を現在超えていることも注目に値します。

新宿区

新宿区の日本語学校や大学の数が多いことから、新宿区は東京23区で約42,000人の人口を占めています。

新宿区では、20代の人口は5年前と比べて約7%増加しています。この年齢層の人々の驚くべき40%は外国人です。

新宿や日本全国の多くの若い外国人が小売業界で働いています。NLIリサーチ・インスティテュートのレポートによると、日本全国のコンビニエンスストア、セブンイレブンで働く3万5000人のうち7%が外国人であることが分かりました。

観光・製造業における労働需要の増大

観光と製造業における労働者の需要は、特定の地方自治体における外国人の成長の鍵となる要因であるでしょう。

北海道夕張スキー場。

北海道の夕張市は、 2017年の人口が8,600人で、外国人の人口の中で最も高い成長率を記録しています。この増加の大部分は、ここ数年でインバウンド・ツーリズムの飛躍を見た近隣のスキーリゾートで働く外国人の採用によるものです。北海道にあるシムパックでは、日本のすべての市町村で最も多くの外国人が占めています。これは、クラブメッド・トマム・北海道や星野リゾート・トマムなど、近くのスキーリゾートで外国人労働者がスキーインストラクターや顧客サービススタッフとして雇われたためです。

群馬県大泉町では、外国人が全人口の約18%を占めています。この町では、製造業者は何年もの労働不足に直面しており、外国人労働者の流入は不足を緩和するのに多少役立っています。過去数年間、南米諸国の労働者は外国人労働者の80%以上を占めていましたが、近年ではアジア諸国からの人々、特にネパール人の数が増加しています。

厚生労働省によると、2017年10月末現在で約120万人の外国人が日本に勤務しています。中国人は全体の約30%を占めていますが、ベトナムとネパールから来る人の数は急速に増加した。

OECDの調査によると、2016年に約20万人の派遣労働者がきており、これは英国やカナダなどの国の派遣労働者よりも多いです。ここで議論したように(日本は労働不足を緩和するために2025年までに50万人の新雇用者を開放する)、日本は非常に厳格な移民制度を有しており、現在までに、政府は低技能労働者を一時的に受け入れることに躊躇しています。

今年5月29日、政府はこれに関する政策転換を発表した。低熟練労働者のための新たな就労ビザの地位を創出し、入国を申請する労働者に求められるレベルを下げる法律が制定されています。また、政府が2025年までに50万人以上の労働者を入場させることを目指す5つの産業を指定します。

同時に、政府は、ここで議論したように、高度に熟練した労働者を増やすことを熱望しています(日本で永住権を取得する:新しい規則が発表されました)。昨年、永住権(PR)ステータスを取得するための規則が改正され、高度技能労働者が1年以内にこの地位を取得できるようになりました。以前は、「高技能(外国人)の専門家」(高度人材)の場合、ステータスを取得したい外国人は、日本に最低10年、高度プロフェッショナルは5年間住んでいなければなりませんでした。

外国人の増加に伴い、特に外国語を学ぶことに関して、外国人が日本の生活にうまく適応できるよう、国家レベルと地方レベルの政府関係者からの要請がありました。

同時に、日本のメディアは、外国人住民の人口が近隣地域で増加しているのを見て、職員や市民が犯罪や安全性の問題に懸念を表明したケースを報告しています。一部の観察者が指摘しているように、これが薄く覆われた人種主義によるものだと考えるかどうかは、日本社会が日本社会の構成上の人口変化の影響を扱うことになることは明らかです。

出典:日経新聞(2018年1月11日)、ロイター日本国政府統計データベースe-Stat

 

2018-07-24T11:50:36+00:00 2018年7月24日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , , |