///「日本に住む」シリーズ:お部屋探しの成功術

「日本に住む」シリーズ:お部屋探しの成功術

Real Estate Japanは最近、一部の地元の不動産業者や不動産管理会社と話し、日本の賃貸入居に申請する外国人に対するアドバイスを求めました。

これらのほとんどは常識ですが、これらのヒントは日本の賃貸市場に特有のものです。これらのルールに注意して、次回のお部屋探しでの幸運を掴んでください!

オフシーズンに当たるようにする

日本では、引っ越しの繁忙期は2月か​​ら3月です。これは、ほとんどの日本の学校や企業が4月に授業や年度が始まるからです。

閑散期は4月から8月の間に不動産会社が忙しくなく、お部屋を見せる時間に余裕ができます。

不動産会社はこの数ヶ月のうちにビジネス機会を獲得するために奮闘しているので、内見をして手数料を稼ぐことを余儀なくされています。

私たちが話した不動産会社の代理人の中には、一部の家主が家賃の割り引きをしたり、閑散期にはに賃貸するために初期費用を取らない可能性があるとも述べています。不動産会社の代理店に、これらの割引の提案ができるものかどうかを尋ねて見てもいいかもしれません。

無理のない家賃設定のお部屋を借りてください

一般的に、家主と不動産管理者は、家賃が収入の約30%〜40%になると予想しています。この理由で入居審査が拒否されないように、適切な価格帯を確認してください。

探し始めてから入居までに、少なくとも1ヶ月は見てください

引っ越しの少なくとも1ヶ月前に新しい場所を探し始める。アパートの内見からリースにサインするまでの時間は通常約2週間かかります。また、適切な部屋を見つける前に、おそらく多くの場所を見ているでしょう。オーナーや不動産管理者との間で、交流するのに十分な時間を与えてください。

ふさわしい服装

内見の際、家主の代理人は潜在的な顧客としてあなたを評価します。

家主の立場からすれば、良い借主はどんな人か:

1)期日通りに家賃を支払う人。基本的には、十分な収入を得て、月額賃料を簡単に支払うことができる安定的な仕事をしている人

2)保証人を持っている人、あなたが家賃を支払うことができなくなったときにあなたの家賃を保証する人

3)隣人や近所の人に対する一般常識がある人

家主の代理人は、あなたの雇用状況、収入、保証人の情報を確認して最初の2つの条件をチェックしますが、3番目の場合は部屋の内見でであなたの外観と行動を判断することになります。

残酷な夏の暑さの中でさえ、あなたが “良い借主”かどうかの地位についてインタビューを受けているかのようにふさわしい服装で行ってください。それは、それが家主の代理人があなたを評価する方法であるからです。

タトゥーがある場合は、タトゥーが見えない服装で

歴史的にも文化的にも、日本のヤクザは伝統的にタトゥーを身に付けていたので、日本人の入れ墨に対する印象は悪いです。しかしながら、ボディーアートをしている有名人を含め、現代では日本にはますます多くの人がいるので、若い世代の中にはそれほど大きな問題ではありません。

それでも、あなたが書類を受け取った場合は、内見のために一時的にタトゥーを隠蔽し、家主の代理人や不動産管理者に会うたびに隠すことをお勧めします。あなたは潜在的な借主として評価されており、可能な限り最高の印象を作った方が良いでしょう。

時間厳守

私たちはこのことについてもっと言いたいことがあるとは確信していませんが、私たちが話したエージェントによれば、内見に遅れる人の数に驚くかもしれません。

部屋を実際に借りると、家賃を支払うなど、時間通りにやらなければならない他のことについて不自然であるという考えを捨てることもあります。

また、日本に長時間滞在したことがあれば、特にビジネスミーティングのために、人々は非常に厳格であることをすでに知っています。内見は、基本的にはビジネスミーティングで、あなたはその物件を評価し、家主の代理人があなたを評価します。

申請書を適切に記入してください

これは単に常識的なアドバイスです。キーワードの英語翻訳を含むチートシートについては、この記事を参照してください。提供しなければならない情報は非常に基本的です(例えばあなたの名前、現在の住所、あなたの雇用情報など)。

混乱の原因となる申請書の1つのセクションは、緊急連絡先の情報です。ここでは、自国の人ではなく、日本の友人や同僚の電話番号を提供した方がいいでしょう。

あなたが望むアパートを手に入れられるように、電話番号等は正しく書きましょう。

書類を準備しておいてください

狙っているアパートをに対して申請する人はあなただけではないかもしれませんし、事前に書類を準備しておくことで、自分の利点を生かして最初に申請することができます。不動産会社は、先着順に申請書を処理します。

一般的には、以下の書類を提出する必要があります:

  • 申請書
  • 入居者全員のパスポートとレジデンスカードのコピー
  • 適格証明書またはビザ
  • 3ヶ月間の給与証明書または雇用契約(就労している場合)
  • 学生IDと入学許可書(あなたが学生の場合)

尚、他の文書を提出するよう求められることもあります。

日本の銀行口座を準備しておこう

ほとんどの場合、日本でアパートを借りるときは、当月の最後の日の前に翌月の家賃を支払わなければなりません。申請書が承認されると、日本の銀行口座情報を提供するための書式が送られます。その後、家主または不動産管理者は、賃貸料の支払期日にあなたの口座から自動月額控除を設定します(または設定するように求めます)。

個人的には、日本の銀行口座を持たない日本でアパートを借りることはほとんど不可能なので、これはアパート探しの早い段階でやりたいことです。

 

こちらの記事もどうぞ: Upfront cost of renting an apartment in Japan, Japanese Residential Apartment Leases Explained (Part 1)What is the average rent in Tokyo?What is the average rent in Osaka, Kyoto, Kobe?What are you responsible for when a lease ends?

2018-08-22T12:18:14+00:00 2018年8月22日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |