///スルガ銀行、不正融資問題の新たな展開

スルガ銀行、不正融資問題の新たな展開

By Jeff Wynkoop

スルガ銀行の不正融資問題が新たな章に入っている。もう一つのシェアハウス管理会社であるスルガ銀行の顧客「ゴールデンゲイン」が、5月23日に破産手続きを開始した。これは、女性専用シェアハウス「カボチャの馬車」の運営者であった「スマートデイズ」の2018年4月の破産についで二社目。投資家はかなり混乱しており、自分たちの収益を受け取れないだけでなく、彼らはそれを返済するために収入の見込みのない新しいローンに入るという矛盾に陥っている。

これらのシェアハウスの投資スキームのほとんどの構造は似ています。管理会社は、「保証された」最小限の報酬と引き換えに、資本または土地を提供する意思のある個人投資家を見つけ、プロジェクトの資金調達を行い、再建されたシェアハウスまたは新シェアハウスを建設しています。事業者は、完成したシェアハウスを投資家(すなわち、所有者)からリースして、サブリース事業を運営する。しかし、十分な入居者が見つからないために管理会社が破産した場合、投資家はプロジェクトローンを返済するために直接支払い続けることになります。

書類捏造

金融庁は、スルガ銀行の「多数の従業員」が契約を結ぶために文書を偽造することに関与していることを発見しました。実際、スルガ銀行は、非常勤の社員が多数いることから、第三者機関の法律事務所を利用して業務を検査しています。偽造された書類には、実際よりもかなり多額の預貯金額が記載された偽の通簿と預金伝票がありました。これにより、銀行の内部審査を通過させることができましたが、銀行の融資審査プロセスにはリスクがあると判断されるべきでした。

氷山の一角

驚くべきことに、かぼちゃの馬車の取引は氷山の一角にすぎないかもしれない。スルガ銀行は、2018年時点で1,250以上のシェアハウスに関与しており、2,000億円以上の貸付残高を有しています。これらのシェアハウス顧客の多くは(大部分ではないにしても)偽造された銀行の書類、偽の土地価格などから利益を得て、悪質なプロジェクトの銀行資金を受け取ることに深刻な懸念があります。そして、シェアハウス市場と個人投資家だけが悪影響を受けるのではありません。ドミノ倒しの影響を受ける危険性のある多くの小規模な設計および建設会社、サブリース会社などがあるのです。

5月22日には金融庁の監督局の副局長遠藤は、現在、スルガ銀行の立入検査を実施している日本の国会の財務委員会に報告し、検査結果と国会委員会に基づき、「厳正かつ適切な」方法で対処する予定である。すでに2018年3月末の連結業績予想を210億円に下方修正し、2019年度はシェアハウス関連損失として2018年度は382億円損失を、2019年は250億円損失で予想している。

Top image: Suruga Bank, Tokyo, via Wikimedia

2018-10-09T13:26:38+00:00 2018年10月9日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , |