///外国人が日本で賃貸物件を借りる時に起こる問題とは?居住編

外国人が日本で賃貸物件を借りる時に起こる問題とは?居住編

 
外国人が日本で無事物件を確保し、いざ住み始めた際に起こる問題とはどのようなものなのでしょうか?実際に日本に住む外国人から、よく聞く意見をまとめてみました。

 

■壁が薄いため気軽に友人を呼んでパーティーできない

 
日本の賃貸物件は壁が薄く、隣の部屋の人が壁をどんと叩いたり上の階の人が床にコップをゴンと置いたりすると、とても音が響きます。

また、日本は土地が狭く住宅が密集していることもあり、隣との距離がかなり近くなっています。
そのため、部屋にいる時にはみんな静かにするというのが、日本人の暗黙の了解のようになっています。

一方、外国では休日には友人を呼んで家でパーティーをするという風習があるところもあります。
しかし、そんな壁の薄い賃貸住宅でパーティーをすれば、昼夜問わず隣人からクレームが入ること間違いなしです。

 
→オススメ解決策:

 
①上記の事柄(日本家屋は壁が薄く、全ての物件に防音設備が強化されている訳ではない旨)を伝え、昼夜問わず大きな音を立てたり、騒ぐパーティーは禁止の理解を得る。

外国人の中には『自分たちは特に大きな音を立てていないし、昼間なのに少し騒がしいだけで注意をされる意味が分からない。』と主張をする入居者もいるかもしれません。その為まず、海外家屋の造りと日本家屋の造りでは防音設備が異なっている旨を理解してもらうことが大切です。その上で日本では騒音に対し、海外に比べてかなり厳しいという文化を伝えると、スムーズに問題解決が出来る事が多いです。

 
参考記事・・・ 

外国人の賃貸トラブルは騒音とゴミ出しがとても多い

 
日本人から見ると外国人の方は自己主張が強い(彼らにとってはそれが普通)人たちが多く、注意をされた理由が明確にならなければ反論をしてくる方も居ると思います。

しかし例えそうであっても『日本の文化では』や、『日本での一般的な生活』をまず最初に理解してもらうことで、郷に入ればの考えに導いていくことが可能になると思われます。

 
②レンタルパーティールームをご紹介する。

騒音を気にせずパーティーを楽しんで頂くために、禁止事項だけでなく提案も併せてお伝えするのはいかがでしょうか?最近では都内に限らず、全国でパーティールームが気軽にレンタルで利用できるようです。

参考URL:格安で借りられるレンタルスペース・会場まとめ

 
パーティールームだけじゃない!会議や撮影にも使えるレンタルルームサービス:spacemarket                 

 

■すべてが日本人サイズで窮屈

 
日本人は外国人よりも体が小さいため、天井が低い、ドアが小さい、いすや机が小さいなどというサイズの問題もあります。
特に、大柄な欧米人などは、ドアをくぐるときに頭をぶつけたり、椅子に座っても窮屈でくつろげなかったりするでしょう。

全てが日本人サイズで、部屋にいても窮屈な思いをするという問題もあるのです。

 
→こちらばかりは、どうしようも出来ない問題かもしれません・・・。ただ、こういった問題をご契約後のトラブルに変えないためにも、不動産会社の方は掲載をする物件の写真を分かりやすい、詳細な物をご用意される事をお勧め致します。

 

■隣人とフレンドリーな関係を築けない

 
国際化が進んだとはいえ、気軽に外国人とフレンドリーに接するという国民性は、日本にはまだ浸透していません。

近所に外国人が引っ越してきたというと、何となく緊張してしまいます。
お年寄りは珍しいのか、じろじろ見に来る人もいる始末です。

そんな中で、ご近所さんからじろじろと高貴な目で見られたり、話しかけてもうまくコミュニケーションが取れなかったりという悩みも日本に住む外国人には多いのです。
 
日本に住む中で、文化や習慣の違いから外国人が悩むケースは多いようです。

 
在住歴の浅い入居者に対しては、少なくとも本人がご近所に対して警戒心・不安を抱えすぎないよう、可能な範囲で近所の雰囲気や住民の属性(お年寄りが多い・外国人居住者が多い地域かどうかなど)といったご説明などの気遣いがあると良いかもしれません。

また、大家さんとの距離が近い場合、オーナーと入居者の間の信頼関係も入居後のトラブル防止に関わる点の1つです。日本人の場合も同様に、入居者に対する不安・偏見を抱えたままにならないよう大家さんからの理解を事前に得ることが、長いお付き合いにつながります。

参考記事・・・
 
大家さんの外国人向け賃貸は経験が大切

2018-01-30T14:03:30+00:00 2018年1月30日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , , |