///外国人のお部屋探し対応で気をつけるポイント :契約対応

外国人のお部屋探し対応で気をつけるポイント :契約対応

これまで外国人の在留資格や内見時の対応に関して連載してきましたが、いよいよ外国人の契約対応についてご説明します。外国人の部屋決めをしていく中で不動産業社が最も苦労されるのは重要事項説明です。契約締結時には全ての条件を明白にしておく必要があり、どうしても借主となる外国人への説明で悩んでいる担当者が多いです。この作業が疎かになってしまいますと、外国人の入居後・退去時のトラブルに繋がってしまいます。

稀に不動産業社が賃貸借契約書類を自社の形式に合わせ英訳をし、双方の契約書類に入居者の捺印・サインを求める会社がいらっしゃいますが時間や人件費のコストが掛かりますので、この市場である程度の収益が見込めるまでは我々としてはお勧めしません。多くの業社はこれから説明する方法を実施されております。

一般的なのは原本(日本語)の書類のみで契約を進めるフローです。ご契約される外国人の方に日本語が話せる・理解出来るご友人を通訳として契約日に必ず同行してもらい、契約担当者は重要事項説明を日本語で行います。当然ながら不明点などはご友人が外国人本人に通訳されるでしょう。契約をされる外国人の方にはしっかりと契約書の内容を理解して頂く必要がございますので、担当者は該当箇所を指で差しながら説明をすると効果的に契約が進みます。

国土交通省では賃貸人、仲介業者・管理会社向けに外国人の民間賃貸住宅入居円滑化ガイドラインや、外国人向け部屋探しのガイドブックを無料で公開しておりますのでご活用されるのも良いでしょう。(リンクはこちらです)

色々と複雑な条項・規約がある賃貸借契約書ですが、外国人の入居者へ必ずご説明して頂きたいのが一般賃貸借契約における転貸行為の禁止です。今となってメディアでこの言葉も頻繁に取り上げれられる様になり、日本人の方にも徐々に認知され始めました。欧米諸国では以前から民泊サービスは一つのブームとして巻き起こっており、このサービスを知っているあるい宿泊者・ホストとして利用された外国人の方の数は計り知れません。賃貸借の契約内容を十分に理解していなかったが為に、またはほんの少しの出来心で民泊行為をしてしまい、契約違反にならない為にも不動産業者が外国人入居者にしっかりと転貸が禁止されている旨を説明する事が必須です。これらのトラブルを抑止する為にも必ず転貸行為の禁止は口頭でご説明され、入居される外国人の方のご理解を得て鍵をお渡し下さい。

2017-09-07T10:12:57+00:00 2016年4月5日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , |