///まだまだ借りづらい?日本の外国人入居事情

まだまだ借りづらい?日本の外国人入居事情

 

外国人はアパートを借りにくい?

「外国人はアパートを借りにくい」というイメージがありましたが、実は外国人の96%が入居を拒否されていました。比較的アパートを借りやすいと言われている留学生でもアパートを借りにくいようで、家を借りるまでに平均15件の不動産業者を回っているというデータもあります。

最近では外国人向けの不動産サイトも増え、東京や大阪など大都市圏は外国人の入居に協力的な不動産屋さんも増えています。今までは連帯保証人が見つからないと言う点で不動産会社も拒否している状態でしたが、最近では家賃保証会社を利用することにより家賃滞納トラブルは激減したからです。しかし減ったと言っても不動産会社側で、オーナーが首を縦に振らないケースがいまだに多い現状です。

 

オーナーが外国人の入居を断る理由

オーナーが貸し渋る原因は外国人とのコミュニケーションの難しさです。不動産会社と違いオーナーや近隣住民は外国人との文化の違いに悩まされています。特に外国人のごみの捨て方(処理)、そして騒音が地域の問題となることが多いです。

日本に来て間もない外国人は日本のゴミの捨て方に慣れておらず、臭いのきついゴミを入れた袋が異臭トラブルを起こすことがあります。夜から朝まで働く外国人も多いので、夜間にゴミだしして問題視されることも多いです。

騒音トラブルのいくつかはお国柄の問題、パーティーやバーベキューをやる音がうるさいという苦情が多いです。最近増えているのはベトナム人やネパール人が暮らすアパートです。彼らは経済的な理由などから管理会社の許可をとらずに友達と同居しています。「この広さにこの人数?」と驚く状況もさることながら、生活する人数に比例して生活音も増え騒音トラブルとなっています。どんな人が住んでいるのか分からないということから治安の面でも近隣住民の不安を煽るようです。

 

入居者の見極めノウハウが無いのが難しい

一方で、リアルエステートジャパンで行っている外国人向けの転貸サービスの実際の所を聞いてみると、

もうずっと外国人の入居から退去まで見ていますが、タコ部屋なんて出てきたこと無いですよ。
基本的に弊社のユーザーが英語圏の方が殆どだというのが一番大きい要因かもしれません。

 

外国人に賃貸で部屋を貸すとどんなトラブルが想定されますか?」 より

というコメントがあります。外国人が一律でトラブルを起こすというよりもトラブルを起こす人は確実にいる。という所の見極めが出来ていればトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

同じインタビューの中に、どうやって見極めをしているかの例があります。

逆に、ちゃんとメールをチェックして返信してくる、こちらから連絡をして連絡が返ってくる。こういう方を厳選しています。
これは、お部屋のお問合わせがあった時から、入居者の方の行動をきっちりチェックしていて、連絡が滞りがちな方かどうかは確認しています。
もう少し言えば、こちらからお願いしたことをちゃんとやってくれる方かどうかも見ています。

外国人に賃貸で部屋を貸すとどんなトラブルが想定されますか?」 より

これは一番分かり易い例ですが、危なそうだなーという方をある程度フィルタリングしていくのは重要です。

 

実は解決しやすい!外国人トラブル

これらは実は解決しやすい問題でもあります。なぜならば彼らは日本の社会のルールを知らなかっただけで、ルールを教えればきちんと従ってくれるケースが多いです。日本に来る彼らは、ビザを取得しているので身元もしっかりしており、日本で働くためにある程度しっかりしている人が多いです。

外国人のゴミ出し、騒音トラブルに関する関連記事はこちら↓

・【外国人に賃貸で部屋を貸すとどんなトラブルが想定されますか?】
(株)リアルエステートジャパン 外国人アドバイザリー事業部・事業部長 清水健インタビュー記事
(トラブルに関する内容だけでなく、外国人へ賃貸するメリット・ノウハウ等も併せて公開しております!)

・【外国人の賃貸トラブルは騒音がとても多い】

・【外国人の賃貸トラブルは騒音とゴミ出しがとても多い】

・外国人入居者が起こしやすいトラブルは「騒音」、他の入居者のストレスにもなる

・外国人入居者がアパートで起こしたトラブル

 

マルチリンガルスタッフが対応する、ハウジング転貸サービスのご紹介

→ ・リアルエステートジャパンが展開する、外国人へのお部屋転貸サービス 詳細ページは こちら から。

昨今の不動産賃貸については、入居者が外国人という事よりも、人口減少に伴い上昇する空室率の方が問題と言われています。大都市圏内のオーナー様方は起きるかもしれないトラブルを避けるよりも、目の前の空室を埋めることを重視するケースが多くなっていますが、外国人入居者に直接転貸をする事にリスクを感じられる貸主の方も多いのではないかと思われます。

こうのようなお悩みを解決するため(株)リアルエステートジャパンでは、弊社が借主として賃貸借契約を締結する転貸サービスを展開しております。

こちらはフジ サンケイグループの弊社が外国人入居者に代わりお部屋を借りる転貸サービスであり、外国人入居者を募りたい物件オーナー様や管理会社は、家賃滞納や退去時に英語での説明が出来かねるといったリスクを回避することができます。 また、新たに入居を希望する外国人に対しマルチリンガルスタッフが入居から電気、ガス、水道といった各種ライフラインの利用手続きまでをサポートするほか、初期費用や毎月の家賃をクレジットカードで決済することが可能となります。

(株)リアルエステートジャパンでは今後、こうした外国人の視点に立った総合的なハウジングサービスの提供を行うことにより利便性の向上とサービスの充実を図り、多様化する外国人の入居需要に積極的に応えて参ります。

ご興味のある方はぜひお問い合わせ下さいませ。

<本件に関する問い合わせ先>

株式会社リアルエステートジャパン

TEL:03-5561-7752 /     FAX:03-5561-7756 / Eメール:contact@realestate.co.jp

 

 

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

 

2017-10-26T15:48:51+00:00 2017年9月28日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , |