///外国人入居者がアパートで起こしたトラブル

外国人入居者がアパートで起こしたトラブル

外国人入居者は、日本で暮らす際の常識を知らないことが多いです。特に、日本語学校などで日本について学んでいない外国人居住者の場合、アパート住まいでさまざまなトラブルを起こしている前例があります。

実際に起きた外国人入居者とのトラブル

一般的なトラブルとして多いのは、やはり「ゴミ出しのルールを守らない」という問題です。ゴミを出す際に、種類別のゴミを出す曜日を間違えていたり、ゴミの分別ができていないといった内容が多いです。また、粗大ごみを捨てる際のルールがわからず、普通のゴミを出す場所にそのまま粗大ゴミを置いたり、近所の空き地に放棄するなどの問題でトラブルの原因を作ってしまいます。

次に多いのは「騒音問題」です。特に夜間の騒音は確実にアパートの近隣住民とのトラブルに発展します。あとは「家賃滞納」です。日本に出稼ぎに来ている外国人入居者の場合だと特に起きやすく、同じ人がたびたび家賃を滞納する例も多く見られています。

また、日本人にはあまり見られない外国人入居者特有のトラブルも起きています。例えば、ワンルームのアパートに、なんと10人前後の人数で共同生活を送っていたという例です。一体、寝床はどうしていたのか、と疑ってしまうような内容です。

別の外国人居住者の例では、ベランダで鶏などの家畜を飼育していたという例があります。鶏の場合だと悪臭もそうですが、何より鳴き声による騒音トラブルで確実にアパートの近隣住人とトラブルを起こしてしまいます。

ただし、不動産関係者の中には、日本人よりも外国人入居者のほうがトラブルを解決しやすいという人もいます。理由としては、トラブルを起こす外国人のアパート入居者の中には「日本のルールを知らなかっただけ」という人も多いからです。この場合、ルールを説明すると改善して、二度と同じ問題を起こさない人もいるのだそうです。

トラブル回避のために

「家賃滞納」は家賃保証サービスや外国人向けの転貸サービスを利用することで、そのリスクをある程度回避することができます。入居中のトラブルも、どれだけ継続的にルールを説明するかによって発生率を下げることができます。手厚い入居者対応サービスを導入することが大切のようです。

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

2017-09-19T17:44:55+00:00 2017年9月21日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , |