///外国人がアパート借りるときは隣人対応が難しい

外国人がアパート借りるときは隣人対応が難しい

 
今までは外国人の賃貸が難しいという背景があり、外国人が暮らすアパートと日本人が暮らすアパートは暗黙の了解で区別されていました。しかし最近では空室問題などから外国人を受け入れるアパートも増え始め、隣に越してきた人が外国人という多国籍なアパートが増えてきています。

 
日本人にとって隣の住人が外国人というのは未だ受け入れにくい状態のようですが、それは外国人にとっても感じることで外国人の人は賃貸するときに隣の住民が同じ国から来た外国人だと生活しやすい様です。日本に来ている背景なども似ているため、生活時間や生活様式が似ているためです。

 
一方で隣の住人が日本人で、特に子どももいる家庭の場合は不必要に警戒されるため苦手のようです。日本人が自分たちを苦手視していることを良く感じる様で、居心地が悪いと言います。

 
しかし日本は約150年前まで鎖国していたお国柄で、外国人をめずらしい目で見てしまうことは致し方ないとしか言いようがありません。でもそれは日本人の理屈であり、外国人には理解しがたい状況です。このような状態を少しでも改善するにはお互いがお互いの気に障らないように注意することです。

 
隣に外国人が越してくることになった場合は、個人情報に触れない程度でどのような国の人が暮らすか既存の住人に事前に知らせておくと良いです。少しでも不安や警戒を解いておくと良いです。一方で外国人に対しては日本で生活するルール、特に騒音や共用エリアの使い方、特にごみの捨て方等のルールは事前に教えておくことで後々のトラブルの芽を摘み取ることができます。

 
外国人がアパートを借りるということは日本人とは同じようにはいきません。事前に出来るだけのことをするだけでトラブルを少しでも防ぐことができます。

 

2017-10-16T15:59:56+00:00 2017年10月16日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , |