///外国人の賃貸トラブルは騒音がとても多い

外国人の賃貸トラブルは騒音がとても多い

 
外国人の賃貸トラブルで多いのは騒音です。日本人同士でも多いトラブルであり、特に築年数の経ったアパートではよく起きてしまいます。また春・秋は双方ともに網戸にして窓を開けていることもあるので、僅かな音でも騒音トラブルが起きやすくなってしまいます。

 
騒音トラブルは生活時間が異なること、もう1つは生活する人数が多いことが原因であることが多いです。日本に稼ぎに来ている外国人の場合、日本の賃料は比較的高いので複数でアパートを借りることが多いです。生活する人数が多いと大きな音は比較的増えてしまいます。

 
そもそも日本の騒音の基準は厳しいものです。隣り合った家同士の場合は家と家が近くても接触はしておらず、壁や床を通して音が伝わることはありませんが、アパートの場合はそうはいきません。生活をしているので音を立てないことは不可能です。アパート住まいの多くの人は、騒音について「お互い様」ということでお互い我慢していることが多いでしょう。

 
このお互い様が日本人と外国人ではなかなか上手くいきません。お互いに文化や考え方が違うことからの不安から、多少のことでもギスギスと気にしてしまうことが多いです。今日本のアパートの多くは外国人を受け入れ始めたと言うケースが多いです。そのため日本人と外国人が隣り合って、その結果として騒音が問題になることがあります。特に比較的広いアパートの賃貸の場合は、日本人は子どものいる家庭が多く、複数人で暮らす外国人を不安視するケースもあります。

 
外国人の賃貸トラブルで騒音があげられるのはトラブルとして表にしやすいからです。その根底には外国人に対する日本人の不安、外国人が日本流の賃貸の仕方を知らないということがあります。外国人を受け入れるときは隣接する住民に説明をしておき、賃貸する外国人にも騒音のルールについて細かく説明しておくと良いでしょう。

 

2017-10-16T16:10:06+00:00 2017年10月17日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , |