///外国人向けの賃貸はルールが違うから難しい

外国人向けの賃貸はルールが違うから難しい

外国人の賃貸トラブルで多いのが、

外国人が「知らなかった」貸す側の日本人が「わかっていると思っていた」

のすれ違いです。

問題は「何を」知らなかったかですが、例えば、

ゴミ出し、騒音、入居中のルール(又貸しやシェアリング)、退去時のルール

など、国によって違いがあるため「知らなかった」問題は多岐にわたります。

 

契約書に書いてある事が全て

海外ではその様なトラブルにきちんと対処できるようにと、想定しうる全てのトラブル防止策を契約書に盛り込むところが少なくありません。

考えてみれば、アメリカなどは多人種な国家ですし、文化的な差は当たり前のように存在します。
陸続きなヨーロッパ各国でも同じような状況は発生しやすいですし、もしかしたら、契約書ベースの考え方の方がグローバルスタンダードに近いのかもしれません。

そのような背景がある国から来た外国人にとっては契約書に書いてなかったことは守る必要がない。書いていないことで、万が一トラブルになっても自分に責はないと考えます。
日本人にありがちな「常識」「暗黙の了解」はまず通じません。
これがいいか、悪いかではありません。そのような差があることを認識するのが大事、ということです。

外国人の入居者と契約を結ぶ不動産業者は事前にきちんと契約書の内容を確認しましょう。
可能であれば、契約当事者となる外国人の母国語で書かれた説明書(日本語の契約書の内容を説明するもの)を用意しておきましょう。
日本人ならば口頭で釘をさせばいいやという事柄も、きっちりと契約書に盛り込んでおくのが理想です。

 

ルールは明確に提示する

また「○○は困ります」といったようなふわっとした表現はNGです。「〇〇は禁止」ときちんと明記しましょう。そしてこの契約を破った場合の罰則もきちんと明記し、破ったときのルールについてもきちんと契約時に摺合せしておきましょう。日本人にありがちな温情、「〇〇してもらう可能性があります」はNGです。可能性ではなくルールを破ったら守ってもらうという姿勢で契約書を作成しましょう。

ゴミ出しや騒音については状況に応じてルールが変更される可能性があります。このあたりは、別紙に細かく記載して添付すると良いですね。

外国人の入居者も問題を起こすために入居するわけではありません。ですので、ちゃんと理解したことならば守ってくれます。

私たち日本人が気をつけなくてはいけないことは、外国人が知らないことを少なくするために文章にすること、曖昧な表現に気を付けることです。

 

成功している不動産屋さんは

在日外国人への賃貸で成功している大家さんや不動産業者の多くがきちんとした契約書を作成し説明をするというプロセスを踏むことでトラブルを未然に防いでいます。

不動産管理会社と協力して在日外国人にも対応したアパート作りを目指しましょう。

 

それでも不安な方は、弊社の賃貸保証サービスのご利用をご検討下さい。
外国人の入居者では無く、弊社との契約になる為、煩わしさは一切ありません。

2017-11-15T15:47:38+00:00 2017年10月18日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , , |