///外国人入居者が起こしやすいトラブルは「騒音」、他の入居者のストレスにもなる

外国人入居者が起こしやすいトラブルは「騒音」、他の入居者のストレスにもなる

外国人入居者は、賃貸物件でさまざまな問題を起こしますが、その中でも特に多く見られるのは「騒音」のトラブルです。なぜ、外国人入居者は騒音トラブルを起こしやすいのでしょうか?

外国人入居者が騒音を起こしやすい理由

理由はいくつか考えられますが、第一に「日本のルールを理解できていない」ということです。日本生まれの日本育ちであれば、集合住宅では近隣に生活音が漏れやすく、うるさくしては迷惑になると理解できます。しかし、いきなり日本にやってきた外国人はそのルールを理解せずに賃貸物件に入居するので、騒音を起こしやすいのです。

次に「多数の人が出入りする」ことです。日本では外国人の賃貸物件値の入居は消極的であり、多くの大家さんが入居を拒否します。そのため、日本に来た外国人の中にはなかなか住む場所を決められない人も居ます。そうした人は、一緒にやって来た外国人や知り合いの外国人に頼んで、同じ部屋をシェアしてもらうのです。結果、ワンルームに10人前後の入居者がいる状態になることもあり、当然ながら生活音も大きくなるのです。

また「又貸しする」という点も問題です。上記の問題があり、部屋を借りられない外国人に自分の借りた部屋を又貸しする外国人入居者も少なくありません。そして、又借りした外国人は入居時のルール説明を受けておらず、騒いでしまうのです。

その他にもさまざまな理由がありますが、問題なのはこれが近隣住民にとってストレスになるということです。多くの場合は静かに暮らしている日本人入居者の中に、騒いでいる外国人入居者がいるという構図であり、入居者から苦情が来ることになります。

騒音トラブルに対する対処

この時、不動産関係者の立場としては適切な行動を取らないとさらなる問題に発展するリスクが有ることを理解しなければなりません。下手をすれば日本人入居者が次々に退去してしまい、空き部屋が多い物件に成り下がってしまう可能性もあります。

また、騒音トラブルに関して、出来る限り詳しい状況を把握することも重要です。場合によっては契約外の外国人の入居や又貸しといった契約違反がある可能性もあり、厳しい対応をしなければならないこともあります。ただし、場合によっては外国人入居者に訴訟を起こされる可能性もあるため、できれば騒音やその他のトラブルが発生しないように入居時にきちんと契約書の内容を理解させて、日本の住宅に住むためのルールをきちんと継続的に説明することが重要になります。

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

2017-09-19T17:57:57+00:00 2017年9月22日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , , |