///外国人向けの賃貸は難しい!拒否する大家が多い理由

外国人向けの賃貸は難しい!拒否する大家が多い理由

 
日本が現在抱えている少子化問題は今後も悪化すると考えられています。そのため労働力を確保するために外国人労働者を受け入れることは政府の方針としても打ち立てられています。一方でアパートを運営する大家さんたちも少子化の波を受けて、上昇し続ける空室率に悩まされています。こうなると必然的に大家さんたちは外国人の入居者受入を考えざるをえません。ビジネスチャンスと踏んで都市圏内の賃貸物件を所有しようとさえする大家さんもちらほら見かけます。

 
外国人を許容する大家さんが増え始めた背景には、外国人にも家賃保証する家賃保証会社が増えてきている事が一因となっています。今までは連帯保証人がつきにくい外国人には部屋を貸したくない大家さんが多かったのですが(家賃のとりっぱぐれも多かった)、家賃保証会社を利用する事によりほぼ100%家賃を回収できるようになりました。

それでも現実問題として外国人の入居を受け入れる大家さんはほんの一握りです。そんな大家さんたちも予想外のところに出費が続くことになるなど「やっぱり外国人向け賃貸の経営は難しい」と嘆くケースも少なくありません。

 
実際に外国人の入居を受け入れるようになって、入居者から「共用部が汚い」という連絡が来る回数が増えたという大家さんが多いです。

ただでさえ複雑な日本のゴミ出しルール。それが外国人に正しく理解されるはずがありません。ある外国人入居者は腐敗臭の酷くなった生ゴミを廊下に放置し、他の入居者から苦情を受けた大家の問いに対して「部屋の中だと臭うから外に置いた」と回答しました。

 
大家さんとしては予想外の出費とはなりましたが、扉付きのゴミ捨て場を設置し、清掃会社の契約を月2回に増やすことで対応。結果的に共用部分は常に清潔に保たれるようになった上利便性が向上したことにより、他の入居者からは好評とのことです。

外国人向け賃貸経営で成功している人から話を聞くと、外国人相手の賃貸はきちんと説明することが大切だと言います。言葉の壁はありますがコミュニケーションを努めてとる、彼らはルールを破るつもりはなく知らなかったと言うケースが多いからです。根気強く、些細なことでも疎かにしないことでトラブルの多くは防ぐことができます(再発防止にもつながる)。

2017-10-26T11:38:03+00:00 2017年10月11日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , , |