///日本の部屋探しで無駄なコストをかけないようにするには

日本の部屋探しで無駄なコストをかけないようにするには

あなたが世界でアパート探しをしているときは、何かにコミットする前に、質問することを書き留めておくことは良い考えです。 これは日本では特に当てはまります。 たとえ言語があなたにとって問題ではないとしても、当初予算よりも手頃なアパートと思われるものに対して余分なコストがかかってきます。

この記事では、日本のアパートの賃貸に関する主な費用について説明します。 隠れた料金を避ける最善の方法は、それらが何であるか、そしてそれらが典型的な物件情報や広告のどこにあるのか(ないのか)理解することです。

典型的な日本の物件概要資料の見方

日本で伝統的なアパートを探す方法は、不動産賃貸会社のオフィスを訪問すると、リストがいっぱい入ったぶ厚いバインダーを渡されます。 典型的なものはこんな感じです:

Japanese rental apartment listing sheet zumen

日本での典型的な物件資料の例

ここでは多くのことがかかれていますが、実際の初期費用および家賃に関連するキーワードだけに焦点を当てます。

家賃(賃料)

日本の物件概要資料では、賃料(chinryō、賃料)は常に月額で記載されています。ときには(上記の資料の場合のように)実際の単語「賃料」とは、どこにも表示されていません。

この資料では、不動産賃貸会社は7つの利用可能なお部屋を宣伝しています。家賃は階によって異なります。通常そうであるように、階数が高いほど、家賃が高くなります。101号室は月68,000円、401号室は月74,000円です。

もしもあなたの最大の月額予算が70,000円でしたら、101号室を借りるのも良いと思うかもしれませんが、早まらないでくだいね!

 

日本の多くの賃貸アパートは、月額賃料に含まれていない別の不動産管理費を請求します。

維持費、共益費、または管理費と言われ月額賃料には含まれていません。

維持費 (管理費または共益費)

あなたの建物の共通エリア(廊下、エレベーター、ゴミ置き場など)の管理には管理費がかかります。

上記の広告では、管理費(赤い四角で表示)は月額5,000円です。

つまり、アパートを借りるための実際の総月額費用は、68,000円(月額賃料を記載)+5,000円(維持管理費)= 73,000円となります。

このことから、表示された「月額賃料」は実際の月額費用と決して同じではないということです。

いくつかの所有者と不動産管理者は、物件が競合物件に比べて安価に見えるように、故意に低い月額賃料を設定しています。そして管理費で違いを出しています。もちろん、あなたの実際の支払う月額料金は、指定された家賃だけでなく、2つの合計になります。

月間総費用

 Real Estate Japan (及びGaijinPot ApartmentsTokyo Apartment, and Japan Today Real Estate,などのすべてのネットワークサイトでは、賃貸物件リストをアップグレードしてより透明性を高くしています。

価格で物件を検索すると、デフォルトでは、毎月の家賃ではなく、「合計の月額コスト」が検索されます。合計月額費用=月額賃料+維持費。 2つの合計額はアパートを借りるための実際の1か月あたりの実費です。

日本の他のオンライン不動産サイトで検索すると、毎月の家賃で検索するので、維持管理費を忘れないようにしてください!

価格の高さに驚かないようご注意ください:入居にかかる総費用

 

私たちは、他の記事 other postsで言及してきたように、日本では多くの前払い費用がかかるため、入居できるようにするために月額賃料の3〜7倍を前払いで現金で支払う必要があります。

これは隠されたコストそのものではありませんが、典型的な不動産リストでは、入居に必要な費用は決して広告内のどこにも記載されません。

例えば、上記の資料では、赤い楕円形は、家主が1ヶ月の礼金と1ヶ月の敷金を請求していることを示しています。

礼金

あなたが家主に支払う払い戻し不可のチップです。これは日本特有の文化です。近年、それほど多くの家主が請求することはありませんが、それは全国共通です。平均して、お金は1ヶ月の家賃に等しい程度です。

敷金

家主に支払う払い戻し可能な代金です。家主はあなたの賃貸借期間中に敷金を保有し、あなたが退出するときに通常の損耗を超えていた場合、修理代を支払うためにそのお金を使用します。平均して家賃の1ヵ月分が払い込まれますが、高級賃貸物件の場合、敷金は2か3か月分の賃貸料に相当します。

通常は物件概要資料に記載されていないもの

以下の3つの項目は、通常、資料には記載されていませんが、入居にかかる費用になります。

仲介手数料

上記の資料に書いていないことは、不動産の代理店がアパートを見つけて申請する手数料として平均1ヶ月分の家賃を請求することです。一部の代理店はこの手数料を半月分の賃料に引き下げますが、1ヶ月分が平均の手数料です。

保証会社利用料

 

アパートを借りるには、保証人が必要になります。保証人とは、あなたを入居者として保証する日本の個人または会社のことです。あなたの家賃を支払わなければ、あなたの家主はあなたの保証人から家賃を徴収します。

家主や不動産会社の中には、保証人として友人を置くのではなく、保証会社を使用することが求められる人もいます。この場合、2年間のリース期間を保証するために、1か月の平均賃料を会社に支払わなければなりません。

最初の月の賃貸料または1ヶ月以上の賃料

ほとんどの場合、日本でアパートを借りるときは、当月の最後の日の前に翌月の家賃を支払う必要があります。月の中旬に入居すると、実際に最初の月を借りた日数によって家賃が按分されます。また、賃貸料は、実際の入居した日ではなく、リース開始日から計算されます。

入居の際の総コスト:もう一度復習してみましょう

 Real Estate Japan (及びGaijinPot ApartmentsTokyo Apartment, and Japan Today Real Estate,などのすべてのネットワークサイトでは、賃貸物件リストをアップグレードしてより透明性を高くしています。

Real Estate Japanの「For Rent」リストには、入居する予定の総費用が表示されます。この見積もりは、預金、礼金、不動産会社手数料、保証人手数料、1ヶ月の合計費用(賃料+メンテナンス料金)。 「入居にかかる総コスト」の計算では、月の最初の日にアパートに引っ越しすることを前提としています。

あなたは入居する際の総コストにショックを受けるかもしれませんが、後で失望するよりも、現実的な考え方を持っている方が良いでしょう。

Real Estate Japanでは、入居の際にどれくらい支払う必要があるかを見積もります。この合計費用は、家賃が67,000円のアパートメントに適用されます。入居にかかる総費用は、1ヶ月の費用の約3.4倍です。

その他の雑費

日本のアパートへの入居には、他にも雑費があります。これらには、鍵交換手数料、物件または火災保険が含まれます。鍵交換料金は平均約15,000円、火災保険は2年間約2万円の平均です。

契約更新料

日本の一般住宅のアパートリースのほとんどは、2年間のリース契約です。

注意すべきことの1つは、賃貸契約更新の手数料は、日本では非常に一般的ですが、賃貸契約の標準でしなければならないという法律は存在しないということです。東京では、この手数料は通常1ヶ月の家賃です。

上の広告では、オレンジ色の楕円形は、1ヶ月の家賃に等しいリース更新料があることを示しています。

2年以上あなたのアパートに滞在したいと思う場合は、契約書に署名してリースの更新手数料を支払う前に家主と交渉してみてください。あなたが更新手数料を支払うことを要求する契約に署名すると、あなたは法的にそれに拘束されます。

さもなければ、期限が切れたときにリースを更新するためのお金を用意しておいてください。

You may also be interested in: No Deposit, No Key Money, No Agency Fee Apartments in Tokyo and No DepositNo Key Money, No Agency Fee Apartments in Osaka

Photo Credit: ColdSleeper via Flickr

2018-04-20T13:38:38+00:00 2018年4月20日|カテゴリ: お役立ち情報|