///2018年は家を買うべき?市場にもたらされた大きな変化。

2018年は家を買うべき?市場にもたらされた大きな変化。

By Jeff Wynkoop

2020年東京オリンピックに向けて建設ブームが本格化しており、東京都心に新しく建設された住宅の価格は上昇し続けています。新しい住宅価格が急騰するにつれて、より多くの購入予定者が比較的リーズナブルな中古市場に注目しています。

新しい品質認証

多くの住宅購入者のために、価格より重要な要因があります。それは、独自の査定基準で認定した良質な中古物件である「スムストック」です。スムストックは一般社団法人 優良ストック住宅推進協議会の10社の住宅メーカーで構成され、将来の購入者のために既存の住宅の品質を検査し認証する制度の事です。新しい証明書(スムストック)は、適正な評価による中古住宅の普及を図る事を目的としています。新しいスムストックブランドは、既存住宅市場の拡大に新たな刺激を与えるものと期待されています。 これは、10人の構成メンバーの1社が建設した中古家屋を購入した顧客に対して、2017年4月から無料の不具合保険を提供することを発表しました。購入後1年間は、新規所有者は、重大な瑕疵が見つかった場合、その問題を解決するために最高1000万円までの保険適用を受けることができます。

高齢者の家を見ているときの大きな問題の1つは、リノベーションのコストを見積もることです。これは、古い物件の図面が失われることは珍しいことではないことから、高価で困難な点検を行うという事実によってさらに複雑になります。不動産取引法は、既存の住宅の構造的な詳細と地震の備えについて、買い手に情報を開示する最近改正されました。それにもかかわらず、不動産仲介会社の開示は十分なものでないことが多く見受けられていました。

中古住宅市場の概要

不動産経済研究所によると、2017年には東京圏の旧家屋(37,000)の売買数が既存住宅の売買数(35,700)を上回ったという。ここ数年、東京の既存住宅市場は高成長を遂げていますが、近年の設備を備えた住宅の在庫不足や価格の高騰により、新築住宅の売上高はピークを迎えているようです。需要が見込まれる地域では、 新築住宅の価格が上昇するにつれて、供給者はこのような高い価格での販売について、景気後退を懸念していますが、中古住宅の供給と価格は依然として上昇しています。2017年の首都圏の中古住宅の平均価格は3198万円で、2013年の価格に比べて23%上昇しています。一方、新築の平均価格は、同期間の間におよそ20%の上昇です。

中古住宅の購入者は既に船を逃したのですか?

翌月初めから、スムストックによる認証で、消費者は良い中古財産を悪いものから分かりやすくなるため、今が購入するのに最適な時期であるかどうか疑問に思っています。購入者は、来月の需要急増が懸念され、新しい4月の需要が吸収されれば、近い将来、バブルや短期的な価格下落につながると懸念しています。

しかし、経済が良い指標であれば、2019年10月に予定されている消費税引き上げは今年の売り上げに大きく影響してきます。消費者間の中古家屋の売却は日本の消費税の対象とはなりませんが、代理店手数料や改修費用は税率の影響を受けます。前回の消費税増額に先立って、需要は新レートが入る前の約6ヶ月から1年に急増しました。今年10月にかけて今年は、税引き前の急増が予想されます。

関連記事

日本の不動産税のガイド

日本での不動産購入の諸費用の内訳と税金について

首都圏マンション市場動向:2018年上半期

2018-10-19T11:47:38+00:00 2018年10月19日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |