///外国人向けの賃貸に成功するカギは大家の意識改革

外国人向けの賃貸に成功するカギは大家の意識改革

増え続ける外国人人口と空室対策

訪日外国人の数は年々増え、空室が続く日本の賃貸業界は外国人を積極的に受け入れる方向に徐々に進みつつあります。特に都市圏では外国人向け賃貸物件の需要は増えると、ビジネスチャンスと思って外国人入居可とする賃貸物件を所有する大家さんが増えてきました。

外国人受け入れの背景

外国人の受け入れを許諾する背景には家賃保証会社があります。今までは連帯保証人が付きにくく、家賃が回収できない可能性もある外国人への賃貸はリスクとされましたが、今では連帯保証人の代わりに家賃保証会社が仲介し、家賃支払いの保証をしています。また、ジープラスメディアが提供する転貸サービスを利用する大家さんも増えてきています。フジサンケイグループのジープラス社が大家さんからアパートを法人契約で賃借し、外国人に対して転貸するため大家としてはより安心してというわけです。(詳細はこちら

 

大家さんの意識改革が外国人向け賃貸物件の運営の成功のカギ

外国人の受け入れはお金だけの問題だけでなく、近隣住民の理解、場合によっては受け入れ協力が必要です。今まで不動産管理(アパートの経営など)は比較的楽な仕事と言われていましたが、今ではそのような意識を変える必要があります。外国人に対してアパートを貸すための工夫や根回しをすることが外国人向けアパート管理のカギになるからです。

都内で外国人向けアパートの運営をしている人は日本語がある程度分かる外国人に協力してもらってゴミだしルールや騒音注意等のポスターを作ってもらいました。その結果、ゴミだし等のルールが守られるようになり、騒音なども抑えられ近隣住民とのトラブルもありません。

そう、大家さんは近隣トラブルが起きる原因は「日本に来て日の浅い彼らはただ知らないだけ(ルールを破るつもりはない)」と彼らに寄り添った考え方をしたからです。その結果、そのアパートは外国人にとって暮らしやすいアパートとなり、ビザ切れの関係で契約者が変わっても「あのアパートが良いと聞いた」といった口コミで空室率がほぼゼロです。

 

外国人向け賃貸物件の運営の成功は大家さんのひと手間、意識改革にかかっています。大家さんにとっても空室率で頭を悩ませるよりも効率的な改善となります。

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

 

2017-09-28T11:31:45+00:00 2017年9月29日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , |