///大家さんが外国人の入居を拒否する理由は?

大家さんが外国人の入居を拒否する理由は?

「外国人だからという理由だけで入居を断るのは国籍差別だ!」という話で、訴訟にまで発展している例も見られています。実際、地域によっては外国人の入居がかなりの割合で拒否されているようです。

 

外国人の入居における大家さんの懸念点とその解決策

理由としては第一に「継続的に家賃を支払えるか?」という問題が挙げられています。外国人入居者には留学生や出稼ぎ目的が多く、日本国内での収入の地盤が弱い人が多いのです。そうなると、家賃滞納やそのまま逃げられてしまう例もあり、大家さんとしてはリスクを考慮せざるを得ません。

その様なリスクを少しでも減らすために、外国人にも家賃保証サービスを利用する大家さんが増えています。

次に「近隣住民とのトラブル」です。日本のルールを理解していない、そもそも日本語でのコミュニケーション能力が乏しいなど、トラブルを起こしやすい原因は数多く存在します。大家さんとしては、やはりトラブルのリスクが高いことを懸念せざるを得ません。

外国人の家賃を保証するサービスを提供する会社には、多言語入居者と管理会社・大家さんとの間のコミュニケーションをサポートするサービスを提供する会社もあるようです。それらを利用することで、コミュニケーション不足によるトラブルはある程度回避できるのではないでしょうか。また、日本の企業が一度大家さんから部屋を法人契約で賃借し、その部屋を外国人に転貸するサービスを利用しトラブルやリスク回避をする大家さんも最近増えてきているようです。

参考:(株)リアルエステートジャパンのマルチリンガルスタッフが、外国人入居者と不動産管理会社とのサポートを行う、外国人への賃貸保証サービス「ハウジングサービス」 詳細ページは こちら から。

 

 賃貸市場縮小と外国人のニーズ

賃貸契約の基本的な部分には、部屋を貸す側と借りる側の「信頼関係」があります。貸す側としては問題を起こさずにきちんと家賃を納めてくれることを、借りる側としては継続して部屋を貸してくれるという、お互いの信頼があってこそ賃貸は成り立ちます。大家さんが外国人入居者を信頼できない材料が多い現状では、それも難しいということです。

しかし昨今は外国人の入居を拒否せず、以前と比較すると寛容な対応をする不動産関係者も少なくありません。その背景には、投資(家賃収入)目的でアパートやマンションを建てることによる空き部屋の増加が顕著になったことが挙げられます。賃貸物件は、借りられなければ家賃を得られないどころか、維持費や税金ばかりかかることになります。

賃貸を仲介する立場としては、そのあたりを考慮してマッチングを行うことが重要になります。未だに外国人のスムーズな入居に関する地盤は弱いですが、賃貸市場が縮小しているということと、部屋を借りたい外国人が多いということを理解して、入居後のリスク対策を万全な状態に整備するなどの対応が必要になります。

因みに実際に外国人向け賃貸で成功している人から話を聞くと、

外国人相手の賃貸はきちんと説明することが大切だと言います。言葉の壁はありますがコミュニケーションを努めてとる、彼らはルールを破るつもりはなく知らなかったと言うケースが多いからです。根気強く、些細なことでも疎かにしないことでトラブルの多くは防ぐことができます(再発防止にもつながる)。

 

外国人向けの賃貸は難しい!拒否する大家が多い理由」 より

といったコメントがあります。外国人(特に、日本で初めて生活する方)が入居後に起こしやすいトラブルを未然に防ぐには、やはり契約時の「細かなルール説明」や、「ルールを破る事でどのようなリスクがあるか」といった所まで丁寧に説明をする事が最も重要と言えます。

また、以下のように契約書類で事前に決まりごとの擦り合わせをしっかりしておく、という点も重要です。

海外ではトラブルにきちんと対処できるようにと、想定しうる全てのトラブル防止策を契約書に盛り込むところが少なくありません。そのような国から来た外国人にとっては契約書に書いてなかったことは守る必要がない、万が一トラブルになっても自分に責はないと考えます。日本人にありがちな「常識」「暗黙の了解」はまず通じません。

外国人の入居者と契約を結ぶ不動産業者は事前にきちんと契約書の内容を確認し、契約当事者となる外国人の母国語で書かれた説明書(日本語の契約書の内容を説明するもの)を用意しておきましょう。 日本人ならば口頭で釘をさせばいいやという事柄も、きっちりと契約書に盛り込みます。
また「○○は困ります」というふわっとした禁止はNGです。「〇〇は禁止」ときちんと明記しましょう。

そしてこの契約を破った場合の罰則もきちんと明記し、破ったときのルールについてもきちんと契約時に摺合せしておきましょう。日本人にありがちな温情、「〇〇してもらう可能性があります」はNGです。可能性ではなくルールを破ったら守ってもらうという姿勢で契約書を作成しましょう。

 

外国人向けの賃貸はルールが違うから難しい」 より

 

大家さんに関する関連記事はこちら↓

・【外国人向けの賃貸は難しい!拒否する大家が多い理由】

・【外国人向けの賃貸は難しい!カルチャーショックを受ける大家が多数!】

・【外国人向けの賃貸に成功するカギは大家の意識改革】

・【必要書類を知って外国人でもスマートに賃貸契約】

・【外国人入居者の審査は難しい。外国人に部屋を貸すリスクとは?】

 

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「Real Estate Japan」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。

 

2017-11-22T14:27:55+00:00 2017年9月24日|カテゴリ: お役立ち情報|タグ: , , , |