///「日本に住む」電気料金請求書:読み方翻訳シート

「日本に住む」電気料金請求書:読み方翻訳シート

この記事では、日本でのガス料金の読み方とそのキーワードの翻訳について説明します。この記事は、「日本に住む」のシリーズの一部です。

英語版はこちら:UNDERSTANDING YOUR ELECTRICITY BILL IN JAPAN & HOW TO LOWER YOUR BILL: WITH KANJI CHEAT SHEET

下記の例では、東京圏の東京電力からの請求書を使用していますが、以下の情報は一般的に日本の他の地域の電気代に適用されます。

関連記事:日本で電気のサービスを開始する方法「英語での連絡先一覧」

電気使用量のお知らせ

ボックス1(ダークブルー):あなたの名前と住所

電気のご使用量のお知らせ:電気の使用量の通知(電気のご使用量のお知らせ)

[あなたの氏名]様(サマ):Mr. / Ms。あなたの名前は「様」の前に現れます(Mr. / Ms。)

[あなたの所在地]ご利用場所(電気を使用した住所)

ボックス2(緑色):請求期間

28年1月:2016年1月

ご利用期間(ご利用期間):ご利用期間(お支払い期間)

検針月(検定月日):検針日(この法案中の「33」は、請求期間に33日があったことを意味する)

ボックス3(イエロー):使用されたキロワット時の数

ご使用量(ゴシヨリュウ):使用量。この請求書(429 kWh)に記載されている量は、冬の電気代のファミリー世帯の典型的なものです。

ボックス4(オレンジ):請求金額

支払い金額:請求金額

請求総額は12,542円です。小額(924円)は消費税額です。

総請求額の下で料金の内訳です。

基本料金(基本料金):基本料金。この場合、1,684円です。毎月、契約に基づいて電力使用の基本料金を支払うことになります(契約タイプの詳細については下記を参照してください)。

ボックス(4.5):使用階層による請求書の内訳

最終的な請求額は、特定の使用段階で使用する電気の量によって異なります。

一段料金:第1層金額

二段料金:第2層金額

三段料金:第3層金額

  • 第1層使用量は120kWhまで計算されます
  • 第2層の使用量は300kWhまで計算されます
  • 第3層の使用量は、毎月300kWhを超える使用量に対して計算されます

各階層の実際の料金は、使用プランによって異なります。より多くの電力を使用すると、kWhあたりのコストが増加します。東京電力が対象とするほとんどの世帯には、以下の料金が課されます。

  • 第1層:1kWhあたり¥19.43
  • 第2層:¥25.91 / kWhあたり
  • 第3層:kWhあたり29.93円

基本的には、電気代を節約するためには、電気使用量を月に120kWH以下に抑えて、最下位層課金内に抑えることが望ましいでしょう。

燃料費調整(燃料費の調整)。これは東京電力が燃料費の変動を自動的に調整する調整です。

再エネルギー発電賦課金等(Sai-ene hatsuden fuka-kin-tō):再生可能エネルギーのための徴収。この金額は、使用する電気の量によって変わります。

延滞利息額(Entai risoku-gaku):延滞支払いのサービス料。先月の請求書を滞納していれば請求書に表示されます!

毎月銀行振込で支払うと、少額の割引が適用されます。

口座振り替:振替決済。コンビニエンスストアで支払い請求書を支払うのではなく、口座引き落としでお支払いいただくと、毎月割引が適用されます。

ボックス5(ライトブルー):契約情報

契約条項(契約締結):契約の種類。

従量電灯(JūryōdentōB):文字通り「Metered Light B」。これは使用されている契約タイプです。

上記の例では、60Aは月に許可される最大使用量を示します。Aは “アンペア”の略です。

「Metered Light B」は、東京電力が取り扱うほとんどの家庭で使用されている契約形態ですが、契約形態や最大アンペアを変更することができます。

また、最も適した基本料金(基本料金は月額280円)から60A(基本料金は1,684円/月)から選択できます月)。10A、15A、20A、30A、40A、50Aから選択できます。

上部:東京電力 アンペア毎の毎月の基本料金(2018年9月現在)
契約されたアンペア容量は、一度に使用できる電気量です。たとえば、基本的な20アンペア契約では、一度に合計2,000ワットまでの電化製品を使用することができます(たとえば、1,000 Wの電子レンジ、700 Wの炊飯器、 300W真空掃除機)。

ボックス6(ダークピンク):メーター情報

これは、あなたのメーター指針の内訳を示しています。

当月指示数(Tōgetsushiji-sū):今月の指標番号

前月指示数:前月のインジケータ番号(Zengetsu shiji-sū)

差引き:相違。先月と比較して今月のメーター読書の違い。

計器番号(Keikibangō):3桁の数字(528)は、メーター番号の最後の3桁です。

ボックス7(パープル):燃料コスト調整

このボックスは、先月と比較した今月からの燃料調整の詳細を示しています。この額は通常非常に小さいです(約1円)。

ボックス8(茶色):期日および次のメーター読取日

今月分お支払い期限:今月のお支払い期限

次回検針予定日:次回の予定検針日

ボックス9(灰色):電気代の領収書

電気料金等領収書:電気代支払いの領収書

コンビニエンスストアでお支払いの場合、この部分に印を付けて記録に残します。

この情報は、支払い後に領収書として使用されるので、オレンジ(この支払いの月)、緑(支払額)、およびブラウン(支払期日)ボックスで繰り返されます。

ボックス10(ピンク)顧客番号

お客様番号:お客様番号

何らかの理由で(例えば、契約タイプを変更したり、外出した際に請求書に質問があるなど)、東京電力(または地元の電力会社)に連絡するときは、この番号を伝える必要があります。

ボックス11(黒):連絡先情報

お問合せ先:お問い合わせ先

東京電力連絡先は、東京都またはその周辺地域のどこに住んでいるのか、必要なサービスの種類によって異なります。下のリンクを使用してください

通常、契約を移動または変更する場合に使用する番号と、その他の質問については別の番号があります。

こちらの記事も興味がある可能性があります:

日本のアパートでエアコンとヒーターリモコンを使用する

日本でのガス料金の読み方

日本の水道料金の読み方

 

2018-11-05T13:54:33+00:00 2018年11月5日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |