///★【最新】年収ランキング★

★【最新】年収ランキング★

この記事では、職業、年齢、性別による日本の平均年収を、最新の調査を用いて調査しました。

以下のデータは、日本の転職サイト、DODAの年間給与調査に基づいています。

日本の平均給与はいくらですか?

2017年の日本の年間平均給与は418万円(1米ドル= 112,127ドル)でした。

これは前年度調査と比較して24万円(約2,135ドル)の減少です。

年収の高い職種は?

2017年に日本で最も賃金が高い仕事は、  投資金融サービスで、年間平均給与は855万円でした

トップ30の最高賃金の仕事の約2/3は情報技術(IT)と  経営・管理に関連して ます。

下記の表は、2017年の年収でランク付けされたトップ30の職種を示しています。

職種別給料ランキング。出典:DODA(2017)

年収の高い業種は?

また、平均給与が最も高い業種をランク付けした。以下のリストの上位6つの業種は、専門職(コンサルティング/監査)、企画管理、テクノロジー(電気、電子機械)、テクノロジー(IT /コミュニケーション)営業、および金融サービス。

業種別の年間平均給与。出典:DODA(2017)

年齢別の平均給与は?

年平均給与は年齢層別に増加しますが、年齢層間で有意な差があります。20代の平均年俸は346万円(30,893ドル)です。20代の男性の平均給与は365万円(32,589ドル)で、女性は46万円少なく、319万円(28,482ドル)です。性差は50歳の年齢層で最も顕著です。

年齢別の平均給与。出典:Doda(2017)

過去からの年間平均給与の推移は?

2017年の調査で報告された年平均給与は、2016年に比べて5.4%減少しました。下の表は、2008年から2016年までの年間平均給与を示しています。

日本における年間平均年収の推移(2008年から2016年)。出典:DODA

関連記事:

東京の一人暮らしの社会人は1ヶ月にいくらぐらい貯蓄できるものなのだろうか?

トップ写真:東京都品川駅のラッシュアワー

2018-11-06T14:37:57+00:00 2018年11月6日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , , |