///日本政府がAIRBNBを規制する理由

日本政府がAIRBNBを規制する理由

最近、いくつかのコメンテーターが、日本政府が6月15日の民泊新法を取り扱うリスクについて議論してきました。新法は貧しい計画と厳しい規制が、何千人もの外国人が部屋の予約を失うことになりかねないと伝えています。しかもそれはほとんどの人が知らない事実となっています。さらに、新しい法律の前にグレーゾーンで運営されているヘアハウス事業に関しては、政府は新しい規則が発効するための猶予期間を許すべきだったと述べている。この「大失敗」は、まったく避けられたことであり、日本人がどのように時代遅れになったのか(または「外国の観光ブームを本当に歓迎していない、日本の政府の選んだ道)」のもう一つの例です。

しかし、日本では民泊事業を運営しているすべての人に予期せぬことが起こっていました。

過去5年間ここで詳述さているように、日本の当局は新しいシェアハウスビジネスに対処する際にジレンマに直面してきました。一方で、2013年には、日本の都市への訪問者に適した宿泊施設の急激な不足があり、滞在する場所を探している新しい観光客は、とどまるための場所を見つけているどんな新しい観光客でも、元気を取り戻させるものを日本経済に提供しました。しかし一方で、ホテルビジネス法の下で短期宿泊施設として許可されていない限り、一般向けのビジネスとしてのハウスシェアリングは違法でした。旅館業法は家庭でのシェアリングを意識して作成されたものではないため、民泊には適さないライセンスにはいくつかの法的条件があります。したがって、2014年4月に新たに条例を許可するために作成されたのが一般的に東京の大田区や大阪市のような民泊特区です。

この旅館業法の例外は、特別指定区域外の違法な民泊の増加をほとんど止めることはできませんでした。それは難しい部分でした。急速な成長はより困難にしました。誰も急速に動いて新たな観光客である金色のガチョウを殺したくないからです。ほぼすべての新しい民泊は違法であったが、当局はそれらを1つずつ塞ぐ資源力を持っていなかったし、あまりにも重い行動をしたくないのは確かでした。しかし、京都や他のいくつかの地域で、違法な民泊が閉鎖された例がいくつかありました。  

2017年6月9日、日本の国会は、新しい民泊短期宿泊施設の民間住宅のうち、リースを承認、し新しい法律を作りました。新法の詳細は2016年秋まで議論され、2017年12月には、2018年に新しい法律が施行されれば、多くの地方自治体が独自の規則を制定し、各自で民泊を規制できる法律を制定すると広く報道されました。

そして2018年6月15日に民泊新法が発効した日、日本のホームシェアリングのルールが変更されても部屋のキャンセルはありませんでした。規則は何年も一貫しており、それを覆そうとしていた企業も同様です。しかし、過去5年間で、日本への新しい観光客の数は劇的に増加し、日本のホテルへの投資は急増しました。全国には数多くの新しいホテルがたくさんあります。この時点で、日本を訪れるのはとても悲惨なことではありません。

これらの根本的な問題は、日本の当局がホームシェアリングを規制すべきかどうかにあります。東京や大阪のマンションに住んでいるのは、アメリカの家を所有するようなものではありません。東京でアパートを借りるとき、建物を選ぶ上で重要な基準は、建物にオートロックがあるかどうかです。マンションやマンションのオートロックとは、建物内の別々のユニットに設置された電子式インターコム/ビューイングモニター/アンロック装置を指します。訪問者は建物の入り口エリアに来ることができますが、エレベーターにアクセスしたり実際に各アパートメントの正面玄関に行くことを妨げる別々の施錠されたドアがあります。この第2の入り口を通過するためには、自動ロックされたドアのロックを解除するために金属キー、カードキーなどを使用する必要があり、またはアパート内の誰かにあなたのために自動ロックされたドアを開けるようにしなければなりません。セキュリティは、実際に特定のユニットに入るために少なくとも2つのキーを必要とするため、自動ロックを使用することで強化されています(建物の自動ロックと個々のアパートメント用)。

私は通行人が自分のアパートのドアに24時間アクセスできるようにしたくありません。私は建物内の隣人だけが建物、倉庫、ゴミ箱などにアクセスできるということを警備員が理解していることが好ましい安全基準です。東京には住宅がたくさんありますが、オートロックがない住宅も多く、それはあまり望ましくない場所です。

仕事から遅く帰宅した際に出くわした、自分の家のエピソードを共有します。建物には2人の若い観光客が建物内をうろうろしていましたが、私にとっては疑わしいものでした。彼らは何をしていたと思いますか?彼らは部屋を探していると言いましたが、アパートの階は間違っていました。彼らは何を探していたのですか?私には若い娘がいます。これは私が個人には起こってほしくないことです。私が2人の若い男性に対処する際に重要な言語障壁に直面していたなら、確かに状況はさらに悲惨なものになるところでした。

ありがたいことに私の住居はその後すぎにに民泊を違法にし、町の周りの多くの建物は同じことをしています。新しい法律にかかわらず、私の建物の誰もが民泊ビジネスを運営することは許可されません。

これらはすべて、民泊を規制するのが正当なのでしょうか?新しい法律は解決するよりも多くの問題を作りますか?ホテルの開発者や大企業を支援するために反競争的理由で書かれた法律ですか?政府はそれが属していない場所を見張っているのでしょうか?

私は、ホテルや一般の人々向けに部屋を持っている人は規制されるべきだと思います。私の意見では、一般の人に部屋を貸し出そうとする人は、ホテルのように、清潔、騒音公害、ごみの処分などに関する基本的な規則に従うべきです。さらに、私は、日本の近所や建物の管理者が、余分な部屋を持つ物件所有者だけではなく、建物や近隣住民の利益のために民泊を規制することは正当なものだと考えています。ホームシェアリングは世界中の人々の国際的なつながりを醸成するのに良い方法だと言われていますが、着実に発展している国ではどこにでも民泊の事業を展開することに有害な影響があることは自明でなければなりません。

 

編集者注記:作家の意見は必ずしもリアルエステートジャパン株式会社の意見を反映するものではありません。

 

こちらの記事も興味があるかもしれません:AirBnBは現在日本で合法です:あなたが知る必要があるものがここにあります

2018-07-10T12:17:57+00:00 2018年7月10日|カテゴリ: お役立ち情報, 外国人市場データ|タグ: , , |